[Galaxy S] XWJV1のAndroid Market対策

Android 2.3.2 ベースの XWJV1 をインストールすると ATOKなどの一部アプリケーション(プロテクトアプリ)がそのままでは Android Market で表示されません。

Android Market は、/system/build.prop の ro.build.fingerprint の情報を送って端末にあったアプリケーションを表示します。この際に Google に オフィシャルな端末して登録してある場合にはプロテクトアプリが表示されますが、登録されてない場合は表示されません。

この対策として ro.build.fingerprint を書き換えるのですが、失敗すると面倒な事になるので、SGS Tools を使った方法を紹介します。

root化が必要です。

SGS Tools は現在は開発が終了していますが、XDA-Developers から ダウンロード出来ます。

[APP] SGS Tools#363 のファイルをダウンロードし、Galaxy S を PC に接続してインストールします。

adb install de.Fr4gg0r.SGS.Tools_55.apk

インストールが完了したら、SGS Tools を起動します。

MarketFix を タップするだけで対策が出来ます。Galaxy S の Android 2.2 ベースのファームウェア情報が書き込まれます。データは戻さなくても問題ありません。

これだけだとおもしろく無い?ので、Nexus S の Android 2.3.3 ベースの情報を書き込んで見ました。

.prop Editor をタップします。

/system/build.prop をタップします。

Menu > Block/Unblock をタップします。

ro.build.fingerprint を “google/soju/crespo:2.3.3/GRI40/102588:user/release-keys” に書き換えます。(ワードが少ない感じですが問題無いようです)

Menu > Save をタップして保存します。

Galaxy S を再起動して完了です。

マーケットにアクセスしたら、次のメールが飛んできました。

Nexus S を購入してくれてありがとう! という事みたいです。

これ以外に、特別なことは無いのですがちょっとおもしろかったです。

Android 2.3 専用アプリが無いので、Nexus S の情報に書き換えるより SC-02B の情報を使った方が良いかもしれません。

面倒な場合は、最初に紹介した、MarketFix 一回で終わらせた方が簡単です。

[Galaxy S] XWJV1用カスタムROMを試してみた

Android 2.3.2 ベースの I9000XWJV1用のカスタムROMを試してみました。

カスタムROM を導入するには、リカバリーモードで起動し ClockworkMod Recovery からインストールするのが一般的です。

しかし、XWJV1用のClockworkMod Recovery がまだリリースされていないため、SpeedMod Froyo などの Android 2.2 用のカスタムカーネルを Odin3 で書き込んでから ClockworkMod Recovery を起動しXWJV1用のカスタムROMを書き込みます。

Auto Reboot の チェックを外し、書き込み完了後に、ボリューム上+ホーム+電源長押しでリカバリーモードで起動し、カスタムROMを書き込みます。

カスタムROMをインストールした際にカーネルが書き換わるのでそのまま起動しても問題ありません。

Insanity v0.7.1

まずは、Insanity v0.7.1 です。

[ROM] Insanity v0.7.1 – XWJV1 or v0.6.2 – JS3 [02.03.2011] – Multi DPI (XDA-Developers)

Insanity は以前からあるカスタムROMですが、言語がイタリアベースになったりプロダクトコードが書き換わったりとあまり良い印象が無かったのですが、早々にXWJV1 対応したので入れて見ました。

日本語フォントが入っていないので、日本語表示を行おうとすると豆腐になります。

最低限の標準アプリケーションしか入っていないので、追加する場合には nitrality を使って、Apllications から 標準アプリケーションを追加します。

日本語フォントを別途入れる必要はありますが、インストールするアプリケーションが選べるところが良いかと思います。

Ultibread! V1.0

次は、Ultibread! V1.0 です。

[ROM][GINGER] Ultibread! V1.0 New Beginning (XDA-Developers)

青系のテーマで私の好みです。

良い感じなのですが、なぜか Browser が入っていません。(かなり致命的)

標準ブラウザではなく、Dolphin を使えば問題無いのですが初期セットアップ時に面倒です。

今後の改善に期待したいです。

ZeroGingerbread

番外編で、ZeroGingerbread Beta1です。

[ROM] ZeroGingerbread (01/03/2011) Base JV1 – Beta 1 (XDA-Developers)

番外編としていますが、今のところの本命かもしれません。

ZeroGingerbread は Odin3 で書き込みます(XWJV1を先に書き込みます)。リカバリーモードでの起動が必要ありません。

MIMUのテーマが入ったCSCがありますが、導入しない場合は ベースの XWJV1 のままです。

書き込み直後の再起動はリカバリーモードで起動しますが、画面表示されないため、USB で PCに接続し、 adb reboot で 再起動します。

今後カスタマイズが行われていくと思います。

本命の Doc’s ROM は現在 Beta テストが行われているので、リリースが楽しみです。

[Galaxy S] XWJV1(Android2.3.2)のカメラアプリの不具合

[Galaxy S] I9000XWJV1(Android 2.3.2)を入れてみた で 色々試していましたが、カメラの動作で不具合ありました。

カメラを利用するアプリを起動するとプレビュー画面が乱れてちゃんと表示されません。他のカメラアプリでも同様になります。

何かの拍子に正常に戻ることもあり不思議です。

起動時にも同じような画像が表示されることがあり、ドライバ関係がまだまだという感じです。

上記のようになったら、しばらくほっとくか再起動すると直る場合あるので、試して見てください。