[Linux] Linux LiveCD ISOイメージからUSBブートフラッシュメディア作成

Galaxy Sの母艦OSとしてLinuxを整備しようとしましたが、インストールするPCが用意出来なったため、Linux ブートUSBメモリを作成し、USBメモリから Linux をブート出来るようにしてみました。

VMware を使って Linux を起動する方法もありますが、USBメモリからブートさせる事で必要な時に空いているPCを使う事が出来ます。
ノートPCを使う場合はCDドライブの準備の必要がありUSBメモリから起動出来るようになれば活用範囲は広がると思います。

LinuxのUSBブートの起動メディアを作成するには、Linuxのインストール先をUSBメモリにすることで作成出来ます。

USBにインストールする方法については、Ubuntu Tips/USB デバイスへのインストール/Ubuntu をUSBストレージ(USBメモリ・HDDなど)にインストールするには (Ubuntu Japanese Team)を参照してください。

今回はもう少し手軽にLinux LiveCD ISOイメージからUSBブート可能なメディアを作成するツールを使いました。

この方法を使うと、USB起動可能なLinuxインストールメディアを作成出来るのでノートPCにLinuxをインストールする場合にも使えます。

この投稿の続きを読む