[Galaxy S] teamhacksung’s ICS Port for Galaxy S (BUILD 5) を入れてみた

Galaxy S 用の カスタム ICS ROM がいくつかリリースされ、これまで ICS port for I9000/I9000B – BETA を 試していました。

CM9 の ベースに なる teamhacksung’s ICS Port for Galaxy S がリリースしているので試してみました。

[ROM][ICS][ITL41D] teamhacksung’s ICS Port for Galaxy S (BUILD 5) (XDA-Developers)

※ 開発β版なので何が起こるか分かりません。インストールは自己責任で行ってください。

すでに BUILD 5 まで バージョンが上がっています。

ICS port for I9000/I9000B が インストールしているので、ClockworkMod Recovery から書き込みます。

ClockworkMod Recovery の mounts and storage > mount USB storage を 選択して PC に USB 接続すると 内蔵sdcard が PC に マウントされるので、teamhacksung_galaxysmtd-ota-eng.BUILD5.zip, gappsv5.1.zip, face-unlockv5-final.zip(必要なら) を 内蔵sdcard にコピーします。

次に wipe data/factory reset を選択しデータの WIPE を行います。

install zip from sdcard > choose zip from sdcard を 選択し、teamhacksung_galaxysmtd-ota-eng.BUILD5.zip, gappsv5.1.zip, face-unlockv5-final.zip(必要なら) の順でインストールします。

reboot system now を選択し再起動します。

起動してきたら初期設定メニューが表示されるので設定しホームが表示されたら完了です。

Build number が ITL41D なので、Galaxy Nexus ベース のコードを使っているかと思います。

不具合情報がいつくかありますが、ICS port for I9000/I9000B よりも安定している感じです。

ただ、ICS port for I9000/I9000B には OpenWnn の 日本語キーボードが 入っていますが、teamhacksung’s ICS Port for Galaxy S には 入っていないです。(日本語表示は出来ます)

マーケットアプリケーション が 使えるので 日本語入力ソフトをインストールすることで使えます。

Galaxy S は まだまだ 使えそうです。

[Galaxy S] ICS port for Beta1を入れてみた

Galaxy S の ICS ROM がいくつか出てきていますが、これまで試していた ICS port for I9000/I9000B が Alpha から Beta になり 実用可能なレベルになってきたようです。

[DEV] ICS port for I9000/I9000B – BETA (ICS sources) – work in progress (XDA-Developers)

※ 開発β版なので何が起こるか分かりません。インストールは自己責任で行ってください。

インストールに必要なファイル、ICS_4.0.1_r1-Beta1-i9000.zip、(FuguModICS_GT-I9000_update.zip) をダウンロードし、/sdcard/ に コピーします。

FuguModICS_GT-I9000_update.zip を 括弧付きにしているのは、一度のインストールでうまく起動せず、何度か書き直しを行い ICS_4.0.1_r1-Beta1-i9000.zip の書き込みだけで起動出来たからです。

ICS_4.0.1_r1-Beta1-i9000.zip を 書き込み タッチ操作がうまく動作しない場合は、FuguModICS_GT-I9000_update.zip を 書き込んでください。

superuser の動作がうまく動かない場合は、Superuser-3.0.6-efgh-signed.zip を 書き込んでください。

ファイルの書き込みには、ClockworkMod Recovery が 必要なので、最初にインストールする場合は、[Galaxy S] CyanogenMod 7 for Samsung Galaxy S を入れてみた を 参考に、Cyanogenmod を書き込んでください。

インストールは、ClockworkMod Recovery で、最初に wipe data/factory reset を 選択し、キャッシュをクリアーし、install zip from sdcard > choose zip from sdcard で インストールします。

再起動すると ホーム画面が表示されます。

Android 4.0.1 になっています。Baseband は Alpha の時と同じ、XXJVK です。

マーケットアプリケーションも使えるようになっているので、アプリケーションの追加も可能です。

カメラアプリでの画像撮影も可能ですが動画撮影は出来ません。

ほとんどのアプリケーションが動作するようになっています。なかなか良い状態です。

[Galaxy S] ICS port for I9000(ALPHA4)を入れてみた

国際版Galaxy S に ICS port の ALPHA 版を入れました([Galaxy S] ICSをインストールしてみた(ブートまで)) が テスト用のため、画面がちらついたり WiFi が起動出来なかったりしました。

ALPHA4 が リリースされたのでアップデートしてみました。

[DEV] ICS port for I9000/I9000B – ALPHA (ICS sources) – work in progress (XDA-Developers)

※ 開発用アルファー版なので何が起こるか分かりません。自己責任で行ってください。

ダウンロードした、 ICS_4.0.1_r1-alpha4.zip と FuguICSdrmfixi9000update.zip を /sdcard/ に コピーします。

ClockworkMod Recovery を 起動し ICS_4.0.1_r1-alpha4.zip と FuguICSdrmfixi9000update.zip を インストールします。

再起動し完了です。

画面のちらつきが見られなくなり画面切替えがスムーズに出来るようになっています。

バージョン情報です。

WiFi も 使えるようになっています。使えるようになってきている感じです。

[Galaxy S] ICS sdk portで日本語入力表示

Galaxy S に インストールした ICS sdk の言語設定に日本語があったので切り替えてみました。

日本語を選択するとメニューなどの表示がちゃんと日本語になります。

入力方法に Japanese IME があるので、日本語入力も可能そうなので切り替えてみました。

メッセージアプリで日本語入力を試して見ました。

入力のたびに画面がちらつきますが、日本語変換もちゃんと出来ています。

Japanese IME は Galaxy S/SII に入っているものと同じ iWnn のようです。

Galaxy SII のバージョンは Ver.140-Samsung-22 になっているので、ちょっと古いですね。

[Galaxy S] ICSをインストールしてみた(ブートまで)

インストールしても起動しなかった ICS に再挑戦してみました。

ICS sdk port for I9000/I9000B – ALPHA – work in progress (XDA-Developers)

※ 開発用アルファー版なので何が起こるか分かりません。自己責任で行ってください。

インストール前に、CyanogenMod 7 をインストールしました( [Galaxy S] Galaxy SにICS導入を試してみた(失敗) )

フォーラムからダウンロードした、ICSKernelCupdatei9000v2.zip と ICSSystem350.zip を Galaxy S の 内蔵SDにコピーします。

ClockworkMod Recovery から ICSSystem350.zip を インストールし続いて ICSKernelCupdatei9000v2.zip を インストールします。

reboot system を選択し Galaxy Sを 再起動すると ICS が起動します。

インストールした ICS の バージョン情報です。

タッチパネルが動作するようになっているので、ICS の使い勝手を確認することは出来ます。

SIM を 入れてないので、3G 通信を確認出来ていませんが、Baseband version は I9000XXJVK なので動作しそうです。

ICSの雰囲気を感じることは出来ますが、テスト用で実用にはならないです。

[Galaxy S] Galaxy SにICS導入を試してみた(失敗)

Galaxy S の テスト用の ICS が公開されているので試してみました。

ICS for SGS i9000 – Uploaded – DEVELOPMENT ONLY (XDA-Developers)

導入手順で、MIUI か CyanogenMod 7 となっているので、CyanogenMod 7 を インストールしてみました。

[ROM] CyanogenMod 7 for the Samsung Galaxy S :: V7.1.0 (9 Oct 2011) (XDA-Developers)

CyanogenMod 7 は ClockworkMod Recovery から インストールします。

Method via Recovery

  1. ClockworkMod Recovery を起動します。
  2. Wipe data/factory reset. を選択します。
  3. Wipe cache partition. を選択します。
  4. Install zip from sdcard. を選択します。
  5. Choose zip from sdcard. を選択します。
  6. ダウンロードした update-cm-7.1.0-GalaxyS-signed.zip を選択しインストールします。
  7. Reboot system now を選択し CyanogenMod 7 を起動します。

ICS-alpha-galnet-lttldvl.zip を 同じく ClockworkMod Recovery からインストールします。

しかし、起動画面で止まってしまいました。

ベースの ファームウェアに問題があるかもしれません。

テスト用なので動かす方が難しそうです。

[Galaxy] Galaxy S/TabにはICSは来ないのか?

Galaxy シリーズへの Android 4.0 Ice Cream Sandwich 提供について、Samsung Italy から情報が出ています。

Samsung Italy confirms Android 4.0 update for Galaxy S II, Galaxy Note (Sammy Hub)

2012 に 以下のデバイス向けにリリースされるようです。

  • Galaxy S II
  • Galaxy Note
  • Galaxy Tab 10.1
  • Galaxy Tab 8.9
  • Galaxy Tab 7.7
  • Galaxy Tab 7.0 Plus

Android 2.3 が動作するデバイスでは、ICS が 動作するとの事で、Nexus S についてはリリースが予定されていますが、Galaxy S/Tab は予定が無いようです。

ドコモが販売しているデバイスでの対応が気になるところです。