[Nexus 7] Nexus 7(2013)をAndroid4.3.1(JLS36I)にOTAアップデート

Nexus 7(2013)にAndroid 4.3.1(JLS36I)が来たので、OTAアップデートしました。
私のNexus 7(2013)はTWRPを入れてroot化してましたが、問題無くOTAアップデート出来ました。

device-2013-10-05-065138

アップデート後は、TWRPリカバリーが初期化されsuバイナリが消えるため、TWRPとsuの再インストールが必要です。

カスタムリカバリーの TWRP は openrecovery-twrp-2.6.3.0-deb.img をインストールします。

Nexus 7の電源を落とし、ボリューム下+電源ボタンでブートローダを起動します。
ブートローダが起動したらPCに接続しTWRPを書き込みます。

fastboot flash recovery openrecovery-twrp-2.6.3.0-deb.img

root化には SuperSU の SuperSU v1.65 をTWRPからインストールで完了です。

[Nexus 7] Nexus 7 (2013)LTEモデルのファクトリーイメージ(JLS36C)が公開

Nexus 7(2013) LTEモデルのJLS36Cファクトリーイメージが公開されました。

Factory Images “razorg” for Nexus 7 [2013] (Mobile)
Android 4.3 (JLS36C)

ダウンロードしたzipファイルを展開すると以下のファイルが展開されます。

JLS36C

ファイル名から判断すると、bootloaderはdeb-floになっているのでWiFiモデルとLTEモデルで共通のようです。

これでやりたい放題^^;です。

[Nexus 7] Nexus 7 LTEが来た

何度か発売日が変わっていたNexus7 LTEモデルですが、発売日が9/13に確定され予定通り到着しました。

私は、ASUSショップで購入しました。
http://shop.asus.co.jp/item/Google%20Nexus%207(2013)-LTE+IIJmio%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF/

root化したり色々やるので、設定はパスしてbootloaderをunlockしました。

bootloaderのunlockは Nexus 7 の bootloader を起動しPCと接続し、 fastboot oem unlock で解除します。bootloaderをunlockするとNexus 7が初期化されます。

Nexus 7 (2013) WiFiモデルはfloですが、LTEモデルはdebなので ClockworkMod Recovery がまだありません。
floのClockworkMod Recoveryを入れてみたところ動作しました。
http://download2.clockworkmod.com/recoveries/recovery-clockwork-6.0.3.7-flo.img

モデルが異なるので、TWRPを入れた方がよいかもしれません。
http://www.teamw.in/project/twrp2/194

recoveryの入れ替えは、Nexus 7をbootloaderで起動し、fastboot flash recovery openrecovery-twrp-2.6.3.0-deb.img 入力し書き込みます。
Nexus 7 (2013) LTEモデルのファームウェアがまだ公開されていないので、失敗すると痛いことになります。

TWRPがインストール出来たら、supersuをインストールしたらrootがとれます。

使い勝手はこれから触って感じてみます(^_^)

[Nexus 7] Nexus 7をファクトリーイメージでAndroid4.3 (JWR66Y)に初期化アップデートであれ?

Nexus 7 (2013じゃないよ) をAndroid 4.3にアップデートしました。([Nexus 7] Nexus 7をファクトリーイメージでAndroid4.3に初期化アップデート(ついでにroot取得))

アップデート後は、JWR66Vになったのですが、JWR66Yが公開されているのでアップデートしました。

手順はJWR66Vと一緒ですが、bootloaderのアップデートで “FAILED (remote: (InvalidState))” のエラーが出てbootloaderのアップデートに失敗しました。
ファームウェア本体のアップデートは、bootloaderのバージョンがJWR66Vと同じ 4.23 だったので問題なくアップデート出来ました。

bootloaderのバージョンが 4.23 より古い場合はJWR66Yへのアップデートが出来ない可能性があります。
試しに、4.2.2 (JDQ39) を焼いてから 4.3 (JWR66Y) を焼こうとするとbootloaderのバージョンが異なるためアップデートに失敗します。

4.3(JWR66V) を焼いてから 4.3(JWR66Y) を焼くと bootloader のアップデートに失敗はしますが、ファームウェアのアップデートは成功します。

4.3 (JWR66V) は https://dl.google.com/dl/android/aosp/nakasi-jwr66v-factory-d341d356.tgz からダウンロード出来ます。

ちょっと焦りました(>_<)

何か変わったのかな? アップデートに成功した一つ前のファームウェアイメージはバックアップしておいた方が良さそうです。

[Nexus 7] Nexus 7をファクトリーイメージでAndroid4.3に初期化アップデート(ついでにroot取得)

久々のAndroidネタです(^^;)

手元のNexus 7にシステムのアップデート通知が来ていたので、確認するとAndroid4.3(JWR66V)のファームウェアが公開されていました。

私のNexus 7は、root取ったりしているので、OTAアップデートに失敗します。

Android4.3(JWR66V)のファクトリーイメージを入れ直してみました。

※ Nexus 7が初期化されデータが全部消えます。また、アップデートに失敗するとNexus 7が起動しなくなる場合があります。自己責任で行ってください。

私のNexus 7はWiFi版なので、ファクトリーファームウェアはGoogleのFactory Images “nakasi” for Nexus 7 (Wi-Fi)から入手します。
4.3 (JWR66V)をダウンロードします。

ファームウェアをインストールするPCは、すでにAndroid SDKの環境が整っている状態として作業を進めます。

ダウンロードした nakasi-jwr66v-factory-d341d356.tgz を展開すると nakasi-jwr66v フォルダーが出来ます。

Nexus7_4.3

アップデートするイメージファイルは、image-nakasi-jwr66v.zip に入っています。
バッチファイル(flash-all.bat)がWindows用のフラッシュアップデートのbatファイルで、batファイルを実行することで一括アップデートできます。

flash-all.batのコマンドを参照すると以下のようになっています。

fastboot oem unlock
fastboot erase boot
fastboot erase cache
fastboot erase recovery
fastboot erase system
fastboot erase userdata
fastboot flash bootloader bootloader-grouper-4.23.img
fastboot reboot-bootloader
ping -n 10 127.0.0.1 >nul
fastboot -w update image-nakasi-jwr66v.zip

ブートローダのアンロック、各パーティションの初期化と、ブートローダのアップデート、ファームウェアの書き込みを行っています。

fastbootコマンドで書き込むので、Nexus 7はブートローダを起動(adb reboot bootloader)しPCに接続します。
Nexus 7の電源を落とし”ボリューム下+電源ボタン”をロゴが出るまで長押しでブートローダを起動できます。

PCにNexus 7を接続したら flash-all.bat を実行しファームウェアの書き込みを行います。

書き込みが完了するとNexus 7が自動的に再起動し初期設定画面が表示されるので、初期設定を行い必要があればリカバリー処理を行うとアップデート完了です。

device-2013-08-01-064007

Android 4.3になっていると思います。

root取得は、ClockworkMod Recoveryを焼きSuperSUをインストールします。
ClockworkMode Recovery は http://www.clockworkmod.com/rommanager/ から Google Nexus 7用をダウンロードします。

私はTouch対応じゃない6.0.3.5を使いました。

続いてSuperSUをhttp://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1538053からダウンロードしておきます。
(CWM installable ZIP: UPDATE-SuperSU-v1.51.zip)

Nexus 7をブートローダで起動(adb reboot bootloader)しClockworkMod Recoveryのイメージを書き込みます。

fastboot flash recovery recovery-clockwork-6.0.3.5-grouper.img

書き込みが完了したらブートローダを再起動します。

fastboot reboot-bootloader

ブートローダが起動している状態でボリューム上を2回押して”Recovery mode”を表示し電源ボタンを押しClockworkMod Recoveryを起動します。

“install zip from sdcard” でアクセスする場所が “/data/media” なので “/data/media” に “UPDATE-SuperSU-v1.51.zip” をコピーします。
/data/media/0にsdcard領域がマウントされるので、コピー先を/data/media/0で指定しても良いです。

  • “mounts and storage” > “mount /data” を選択し ”/data” をマウントします。
  • PCにNexus 7を接続し “adb push UPDATE-SuperSU-v1.51.zip /data/media” でファイルをコピーします
  • “+++++Go Back+++++” を選択し、”install zip from sdcard” > “choose zip from sdcard” を選択しで “UPDATE-SuperSU-v1.51.zip” を選択しインストールします。
  • Topメニューに戻り、”reboot system now” を選択して再起動します。

SuperSUがインストールされ、rootが取れた状態になります。

busyboxはbusybox installなどのアプリケーションからインストールします。

adb shellを使えるようにするためには、[Android] Android 4.2でDeveloper optionsメニューを表示する方法 で紹介している、Settings -> About tablet で、Build number を 7回タップするとdeveloper optionsメニューが表示されます。
知らないと焦りますね。

久々にAndroidのアップデートを行いましたが、Pure GoogleデバイスのNexus 7は簡単にアップデート出来ました。

新型Nexus 7は欲しいなと思っていますが、手に入れるまで旧型Nexus 7でAndroid 4.3を楽しみたいと思います。

[Android] SamsungのUniversal Multimedia Desktop Dockを改造するとNexus 7で使えるらしい

Galaxy SIII(SC-06D)の充電に Samsung Universal Multimedia Desktop Dock を使っています。

http://www.samsung.com/us/mobile/cell-phones-accessories/EDD-D200BEGSTA

EDD-D200BE_004_Right-30-angle400x400

このDockは、端子部分がMicroUSBになっていてスペースに余裕があるのでGalaxy SIII以外でもGalaxy SIIなども充電出来ます。
手持ちのデバイスでは、Kindle Paperwhite が充電出来ました。

BlackBerry Z10やPlayBookもMicroUSB端子の向きが同じなので、接続は出来ますが充電は出来ませんでした。

Nexus 7も充電出来るのですが、MicroUSB端子の向きが逆のため画面の向きが反対になります。

wnQD6GG

MicroUSB端子を逆に付け替え、Nexus 7で使えるように改造した人がいるようです。
How To: convert a Galaxy S3 dock to fit the Nexus 7 (XDA-Developers)

改造方法は、Dockを開けてMicroUSB端子を逆に付け替えるだけです。

MQ6FqKq

MicroUSB端子部分はネジ止めになっているのでネジを外して逆します。フラットケーブルが180度捻れると思います。

pbaiyplqHmNmNj

Nexus 7での充電や、MicroUSB経由のPC接続も出来そうです。

Kv5rJKY

充電だけなら、専用Dockがあるので無理に改造する必要は無いですね(-_-;)

474_image_adWJjMbZ

BlackBerry Z10dで充電出来るとうれしいのですが、回路の問題なのか充電出来ないのが残念です。

[Nexus 7] Nexus 7をファクトリーイメージでAndroid4.2.2に初期化アップデート(ついでにroot取得)

Nexus 7にAndroid4.2.2(JDQ39)のファームウェアが公開され、OTAアップデートも行われているのですが、私のNexus 7ではアップデート前のAndroid4.2.1(JOP40D)のファームウェアをいじっているので、パッチタイプのOTAアップデートに失敗します。

Android4.2の時と同じようにAndroid4.2.2(JDQ39)のファクトリーイメージに入れ直してみました。

※ Nexus 7が初期化されデータが全部消えます。アップデートに失敗するとNexus 7が起動しなくなる場合があります。この方法は自己責任でご利用ください。

Nexus 7のファクトリーファームウェアはGoogleのFactory Images “nakasi” for Nexus 7 (Wi-Fi)から入手します。
4.2.2 (JDQ39)をダウンロードします。

ファームウェアをインストールするPCはAndroid SDKの環境が整っている状態で作業を進めます。

ダウンロードした nakasi-jdq39-factory-c317339e.tgz を展開すると nakasi-jdq39フォルダーが出来ます。

JDQ39_update1

アップデートするイメージファイルは、image-nakasi-jdq39.zip に入っています。
バッチファイル(flash-all.bat)がWindows用のbatファイルなので、このファイルを実行しアップデートします。

flash-all.batのコマンドを参照すると以下のようになっています。

fastboot oem unlock

fastboot erase boot
fastboot erase cache
fastboot erase recovery
fastboot erase system
fastboot erase userdata

fastboot flash bootloader bootloader-grouper-4.18.img
fastboot reboot-bootloader
ping -n 10 127.0.0.1 >nul
fastboot -w update image-nakasi-jdq39.zip

ブートローダのアンロック、各パーティションの初期化と、ブートローダのアップデート、ファームウェアの書き込みを行っています。

fastbootコマンドで書き込むので、Nexus 7はブートローダを起動しPCに接続します。
Nexus 7の電源を落としてボリューム下+電源ボタンをロゴが出るまで長押し起動でもブートローダが起動します。

ブートローダを起動したらPCにNexus 7を接続し flash-all.bat を実行するとファームウェアの書き込みが行われます。

書き込みが完了したら自動的に再起動し初期設定画面が表示されます。
初期設定を行いリカバリー処理を行うとアップデート完了です。
(2ステップ認証を使っている場合は、PCでApplication-specific passwordsを生成する必要があります)

device-2013-02-18-075336

Android 4.2.2になっています。(dpiを160に変更しているので2カラムで表示されています)

root取得は、ClockworkMod Recoveryを焼き、SuperSUをインストールしました。
ClockworkMode Recovery は http://www.clockworkmod.com/rommanager/ から Google Nexus 7用をダウンロードします。

私はTouch版では無い6.0.2.3を使いました。

続いてSuperSUをhttp://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1538053からダウンロードしておきます。
(CWM installable ZIP: UPDATE-SuperSU-v1.04.zip)

Nexus 7のブートローダを起動してClockworkMod Recoveryのイメージを書き込みます。

fastboot flash recovery recovery-clockwork-6.0.2.3-grouper.img

書き込みが完了したらブートローダを再起動します。

fastboot reboot-bootloader

ブートローダが起動している状態でボリューム上を2回押して”Recovery mode”を表示し電源ボタンを押しClockworkMod Recoveryを起動します。

“install zip from sdcard” でアクセスする場所が “/data/media” なので “/data/media” に “UPDATE-SuperSU-v1.04.zip” をコピーします。
/data/media/0にsdcard領域がマウントされるので、コピー先を/data/media/0で指定しても良いです。

  • “mounts and storage” > “mount /data” を選択し ”/data” をマウントします。
  • PCにNexus 7を接続し “adb push UPDATE-SuperSU-v1.04.zip /data/media” でファイルをコピーします
  • “+++++Go Back+++++” を選択し、”install zip from sdcard” > “choose zip from sdcard” を選択しで “UPDATE-SuperSU-v1.04.zip” を選択しインストールします。
  • Topメニューに戻り、”reboot system now” を選択して再起動します。

SuperSUがインストールされ、rootが取れた状態になります。

busyboxはbusybox installなどのアプリケーションからインストールします。

adb shellを使えるようにするためには、[Android] Android 4.2でDeveloper optionsメニューを表示する方法 で紹介している、Settings -> About tablet で、Build number を 7回タップします。
知らないと焦りますね。

device-2013-02-18-075355

Android version を複数回タップすると隠れた画像が表示されます、顔をタップするとバージョンが表示されます。

Android 4.2.1の時は、ClockworkMod Recoveryが初期化されないようにスクリプトファイルの修正が必要でしたが、アプデートしたAndroid 4.2.2ではスクリプトファイルが見当たらないのです。また、再起動しても書き換わらないので修正は必要無いと思います。

Android 4.1.2のバージョンではDPIを変更するとTablet UIに変わったのですが、今回のバージョンでもTablet UIには変わらないようです。Android 4.2.xからはTablet UIが外されたようです(>_<)

次はカスタム PA ROMかな^^;