[SC-02C] ICSにアップデートしたSC-02Cの解像度変更

ドコモ版Galaxy SII/SC-02C の Android 4.0.3(ICS)のアップデートの配信が再開され、バージョンが IML74K.OMLPL になっています。

[SC-02C] ドコモ版Galaxy SII/SC-02CのAndroid4.0.3(ICS)アップデートが再開

※ /system/build.propを直接編集するためSC-02Cが起動しなくなる場合があります。自己責任で行ってください。

Android 2.3.x の時には LCD Density Modder で画面解像度を変更していましたが、Android 4.0.3にアップデートされたSC-02Cでは再起動時にdocomoロゴが表示されたまま起動出来なくなります。

(起動不能になった場合には、ClockworkMod Recovery を起動しPCからadb shell経由で /system/build.prop を /system/build.prop.bak で書き換えます)

LCD Density Modder は、/system/build.prop の ro.sf.lcd_density の 値を変更しています。
調べて見るとSC-02Cのファームウェアでは、ro.sf.lcd_density の設定されている場所が2カ所あります。

rild.libpath=/system/lib/libsec-ril.so
rild.libargs=-d /dev/ttyS0
ro.sf.lcd_density=240
ro.lcd_brightness=125
ro.lcd_min_brightness=70
wifi.interface=wlan0
wifi.supplicant_scan_interval=15
.
.
.
#
# ADDITIONAL_BUILD_PROPERTIES
#
ro.opengles.version=131072
ro.sf.lcd_density=240 <- 削除
ro.config.ringtone=S_Over_the_horizon.ogg
ro.config.notification_sound=S_Whistle.ogg
ro.config.alarm_alert=Good_Morning.ogg
ro.config.media_sound=Media_preview_Touch_the_light.ogg

Root Explorerでどちらか片方の設定を削除する事で、定義している場所が一カ所になります。

この値を変更する事で解像度を変更する事が出来ます。

また、LCD Density Modder を使うと、build.prop の パーミッションが rwxrwxrwx (777)に変更されるため、正常に起動出来なくなるので LCD Density Modder で解像度変更後、パーミッションを rw-r–r–(644) に変更します。

いくつかのアプリケーションを試してみましたが、うまく変更出来ないです。

現状では/system/build.propを編集するしか方法がなさそうです。

[SC-02C] ドコモ版Galaxy SII/SC-02CのAndroid4.0.3(ICS)アップデートが再開

ドコモ版Galaxy SII/SC-02C の Android 4.0.3(ICS)アップデートが行われましたが、不具合のためアップデートが中止になっていました。

アップデートが再開されました。(IML74K.OMLPL)

「docomo NEXT series GALAXY S II SC-02C」 Android4.0 OSバージョンアップ再開のお知らせ (docomo)

いつものように Odin3でアップデートしてみました。

※ 正規のアップデート方法では無いので自己責任で行ってください、手順についての質問にはお答えできません。

ファームウェアを Check Fus Downloader で取得します。
Check Fus Downloader は、CheckFusDownloader_v2.1.exe 以外に、Samsung Kies に入っている FusCipherUtil.dll が必要になります。

FusCipherUtil.dll は CheckFusDownloader_v2.1.exe と同じフォルダーに置いてください。
CheckFusDownloader_v2.1.exe を起動しファームウェアをダウンロードします。

SC02COMLPL で、Modified の日付をみると 07/16/2012 になっているので、リリースまで半月かかっています。たぶんテストで時間がかかったと思います。

ファイルのダウンロードを行いダウンロードが完了すると zipファイルが出来るので zipファイルを展開し tar.md5 ファイルを取り出します。

取り出した tar.md5 ファイルを Odin3 で Galaxy SII/SC-02Cに書き込みます。

Galaxy SII/SC-02Cをダウンロードモードで起動するには、電源を切り、ボリューム下+ホーム+電源 を押して起動します。
(ダウンロードカウントがカウントアップする場合があるので、私はJIGを使って起動しています[SC-02C] Galaxy SIIでごにょごにょしてみた)

書き込みが完了し Galaxy SII/SC-02Cが起動したら完了です。

root取得には sakuramilkさんの ICS Kernelを使いroot取得を行い、ClockworkMod Recovery を起動し、http://androidsu.com/superuser/ からダウンロードしたSuperuser-3.1.3-arm-signed.zipをインストールしました。

その後 [SC-02C] 純正ICS Kernelを焼いてみた の手順で、SC02COMLPL_SC02CDCMLPL_SC02COMLPL_HOME.tar.md5 を展開した zImage を使って tar ファイルを作成し、Galaxy SII/SC-02C に純正 Kernel を書き込みました。

これで完了です。

[SC-02C] ICSファームウェアでUSBストレージマウントする方法

ドコモ版Galaxy SII(SC-02C)のAndroid2.3.xファームウェア時にはステータスバーからPCでUSBマウント出来ましたが、ICSにアップデートするとMTP接続となりUSBストレージマウントが出来ませんでした。

ドコモ版Galaxy SII(SC-02C)では設定メニューからUSBマウントを選択するようになっています。

設定 > 無線とネットワーク > USBユーティリティ を選択します。

USB大容量ストレージ の PCにストレージを接続 を選択しますが、USBケーブル接続状態では選択できません。

また、USBデバックモードも解除しないとストレージ接続できません。

USBケーブルを外しUSBデバックモードを解除し、PCにストレージを接続を選択するとAndroid 2.3.xの時に表示されたドロイド君が表示されるので、再度 PCにストレージを接続 を選択すると、PCにマウントされます。

これでAndroid 2.3.xと同じようにUSBストレージアクセスが出来ます。

面倒ですが機能があるのでまだ良いです、SC-06Dでは USBユーティリティ メニューが無いです。

無線とネットワーク メニューにあるのも不思議です。

[SC-02C] 純正ICS Kernelを焼いてみた

ドコモ版Galaxy S2 SC-02CにICSアップデートが配信されアップデートしました。([SC-02C] SC-02CをICSにアップデート)

rootも取得しましたが、使わないけどワンセグが動作しないのも何となく気になるので、純正ICS Kernelに戻してみました。

純正ICS Kernel は、Check Fus Downloader でダウンロードしたSC02COMLPG_SC02CDCMLPG_SC02COMLPG_HOME.tar.md5ファイルを展開することで入手可能です。

zImage が kernelイメージなので、zImage だけを tar ファイルにします。(Linuxで作るか、adb shellで作ります)

$ tar -cf SC02COMLPG_kernel.tar zImage 

出来たSC02COMLPG_kernel.tarをOdin3で書き込みます。

書き込みが完了し再起動したら完了です。

純正Kernelになりました。

suがインストールされているのでrootも取れています。

しばらくはこの状態で使ってみようと思いますが、DPI変更がうまく出来ないので、画面表示が大きいままです(>_<)

[SC-02C] SC-02CをICSにアップデート

ドコモ版Galaxy SII SC-02C の ICSアップデートがリリースされたのでアップデートしてみました。

※ 日本語入力に不具合が見つかったのでアップデート配信が中止されています。

私のSC-02Cは色々とやっているので、いつものように Check Fus DownloaderでファームウェアをダウンロードしOdin3でアップデートしました。

※ 正規のアップデート方法では無いので自己責任で行ってください質問には答えられません。

Check Fus Downloader は、CheckFusDownloader_v2.1.exe 以外に、Samsung Kies に入っている FusCipherUtil.dll が必要になります。

FusCipherUtil.dll は CheckFusDownloader_v2.1.exe と同じフォルダーに置いてください。

CheckFusDownloader_v2.1.exe を起動し、ファームウェアをダウンロードしました。

SC02COMLPG が ICS アップデートのファイルですが、今は一つ前の SC02COMLE1 が表示されます。

ファイルのダウンロードが完了すると zipファイルが出来るので zipファイルを展開して tar ファイルを取り出します。

取り出した tar ファイルを Odin3 で書き込みます。

書き込みが完了し、SC-02Cが起動したら完了です。

root取得には sakuramilkさんの ICS Kernelを使いました。

ワンセグが使えなくなりましたが、使ってないのでよしとしました。

現在は不具合のためアップデートが中止されているので、修正されたファームウェアが公開されたら同じ手順でアップデートしようと思います。

次は SC02COMLPH かな?

[SC-02C] SC-02CのアップデートOMLE1

ドコモ版 Galaxy SII の ICEアップデートは夏くらいらしいですが、既存 Android 2.3.6 ベース の アップデート OMLE1 が提供されました。

GALAXY S II SC-02Cの製品アップデート情報 (NTT docomo)

私の SC-02C は root取得やSamsung Account を削除しているため、オンラインアップデートが出来ないので Check Fus Downloader を使ってアップデートファームウェアをダウンロードし Odin3 で煮込みました。

※ 正規のアップデート方法では無いので自己責任で行ってください。

SC-02C に書き込む前に、アプリケーションのバックアップを行ってから、Factory Reset で初期化しました。

[SC-02C] Galaxy SIIを初期化しました でSC-02Cを初期化することで動作がスムーズになったので、ちょうど良いタイミングなので初期しインストールしました。

ファイルは Check Fus Downloader で ファームウェアをダウンロードします。

ダウンロードした zipファイルを展開すると、tar ファイルの SC02COMLE1_SC02CDCMLE1_SC02COMLE1_HOME.tar.md5 が展開されます。

tarファイルを Odin3 で書き込みます。

書き込みが完了し、デバイスが再起動したら初期設定を行いアップデート完了です。

SC02COMLE1 になっています。
Android 2.3.6 ベースなのであまり変わった感じはしません。

カーネルは、SAKURAMILKさんの カスタムカーネルに入れ替えました。

https://github.com/sakuramilk/sc02c_wiki/wiki/Kernel

しばらくはこの状態で様子を見ようと思います。

 

[SC-02C] Widget選択をAppWidgetPickerでグループ化

Galaxy SII/SC-02CのOMKL4へのアップデート、初期化、再セットアップを繰り返しています。

Widgetをホーム画面に配置するときに一覧メニューから選択するのですが、Widgetが多いと選択するのに時間がかかります。

一部のカスタムROMではAppWidgetPickerが入っていて、Widget選択画面でグループ化されるので選択しやすいのでGalaxy SII/SC-02Cにも導入してみました。

[App] AppWidgetPicker (XDA-Developers)

XDA-Developersのフォーラムから、AppWidgetPicker-1.2.3.apk (2012/01/15時点での最新)をダウンロードしインストールします。

adb shellでコマンドラインからインストールしました。

adb push AppWidgetPicker-1.2.3.apk /sdcard
adb shell
su - (rootになっていない場合)
cp /sdcard/AppWidgetPicker-1.2.3.apk /system/app/AppWidgetPicker.apk
chmod 644 /system/app/AppWidgetPicker.apk
reboot (再起動します)

再起動後にホーム画面でWidgetの追加を行うと、同じアプリケーションのWidgetはグループ化されます。

デフォルトで入っていて欲しいと思います(^^;)

[SC-02C] LCD Density Modderのアップデートではまった

私はSC-02Cの画面解像度(dpi)を変更し画面を広くして使っています。

設定変更のアプリケーションは色々出ていて、最近ではLCD Density Modder Proを使っています。

LCD Density Modder Pro

Androidの標準以外(240/160)の解像度に変更するとAndroid Marketで非対応機種として認識されるアプリケーションがあり、一時的に標準の解像度に戻す事が出来るので LCD Density Modder Pro を使っています。

標準の解像度に戻す際に再起動が必要になるので、面倒だなと思っていたらLCD Density Modder ProがアップデートされAndroid Market アプリケーションにパッチを当てる方法で対策出来るようになりました。

LCD Density Modder Pro で Fix Market Compatibility Issues を選択すると新しくPermanent Mod という項目が表示されモジュールをダウンロードしインストール出来るようになります。

インストールしてみたところ Android Market が強制終了し起動しなくなりました(;_;)

少し慌ててしまいLCD Density Modder Proをアンインストールしてしまいリカバリー出来なくなりました。orz

仕方ないのでファームウェアの再インストールを行いました。

Galaxy Tab の LCD Density Modder Proをインストールし確認したところ、Permanent Mod メニューに左に、Restore Market という項目がありました。

Restore Market to Stock を選択することで Android Market を元に戻すことが出来るようです。

慌てなかったらすぐにリカバリー出来たので一度深呼吸が必要ですね(^^;)

Permanent Mod はまだ使えないですね。

[SC-02C] Galaxy SIIを初期化しました

Galaxy SII/SC-02CへのOMKL4のアップデートが公開されアップデートしました([SC-02C] SC-02CをAndroid2.3.6のOMKL4へアップデート)

アップデート後に通信がスタックし接続一度切って再接続しないと通信出来ないといった不具合が出ていました。

同じような問題に遭遇しているような情報も無いので、私の環境の問題だろうとGalaxy SII/SC-02Cを初期化することにしました。
初期化はプライバシー設定からファクトリーデータリセットでじっするか、電話アプリで*2762*3855#をダイヤルし初期化します。
初期化後OMKL4をOdin3から書き込み再度ファクトリーリセットを行い完全に初期化しました。

※ 初期化を行うと内部SD領域も初期化されるので、バックアップは外部SDかPCにバックアップしてください。

※ Oidn3でのROM焼きは自己責任で行ってください。

google アカウントの設定後マーケットアプリを起動するとインストールしていたアプリケーションのダウンロードが始まりました。
ただ、アプリケーションの量が多いためダウンロードに失敗してしまったので、手動で順番に再インストールしアプリケーションのデータは Titanium Backupからデータリカバリーで復旧しました。

現在のVersionのステータスはこんな感じです。

TweakGS2(https://github.com/sakuramilk/sc02c_wiki/wiki/Tools) をインストールしお勧め設定に設定しています。

通信の不具合も出なくなり初期化前よりもヌルヌルサクサク(^^;)になり快適です。

思い切ってやって良かったです。