[BB10] BlackBerry10のAutoloaderのオプションパラメータ

BlackBerry 10のリークOSはAutoloaderというWindowsのEXEファイルになっています。

普通はOSアップデート時にAutoloaderをダブルクリックで起動しますが、Autoloaderにはオプションパラメータがあるようなので調べてみました。

BlackBerry Z10のv10.1.0.1762([BB10] BlackBerry Z10のv10.1.0.1720(STL100-1),v10.1.0.1762(STL100-2/3),v101.0.1756(STL100-4)がリーク)のAutoloaderを使いました。

Autoloaderのexeファイルは、 C:\で実行しています。まずHELPメッセージを出力してみます。

C:\>10.1.0.1762_STL100-2and3.exe HELP
RIM Wireless Device Command-Line Auto-Programmer Version 3.10.0.29 (Win32) [Apr 1 2013 19:59:10]
Copyright 2012 Research In Motion Limited

AUTOLOAD Usage
==============
AUTOLOAD [-u<port>] [-g<GUID>] [-V<verbosity>] <command>

Where:
------

-U<port>     specifies the USB port (e.g. -U4 specifies USB port 4)
             Configuration with USBPortMapper.exe is required.
-G<GUID>     specifies the device GUID. Cannot be combined with -U
-V<verbosity> specifies the level of information chatter. If ,<filename> is
             specified, all output other than the progress will be sent to the
             specified file.
-SP          turns off all progress notifications.

All of the above are optional.
<command> is one of HELP, INFO, CREATE, FILEINFO.

Description:
------------
The AUTOLOAD command is used to securely and safely load firmware onto a device.

Use AUTOLOAD HELP <command> for more information.

commandはHELP,INFO,CREATE,FILEINFOがあり HELPコマンドの後に各コマンドを指定する事でそれぞれのHELPが表示されます。

C:\>10.1.0.1762_STL100-2and3.exe FILEINFO
RIM Wireless Device Command-Line Auto-Programmer Version 3.10.0.29 (Win32) [Apr  1 2013 19:59:10]
Copyright 2012 Research In Motion Limited

QCFMv1/v2 Hybrid File
    containing: Radio

    Signature Trailer:
       EC521_512 Signer: 0x48584E51 (QNXH-OS-1)
       EC521_256 Signer: 0x4C584E51 (QNXL-OS-1)

QCFMv1/v2 Hybrid File
    containing: IFS, OS, User File System

    IFS/OS Version:        10.1.0.1762 DEV
        Hardware ID:       0x051D0001 RIM BlackBerry Device
        Metrics Version:   3.18
        Build Date:        May 05 2013
        Build Time:        10:10:37
        Build User:        ec_agent
        STP Protocol Ver:  0.0.4 (release OS)

    Signature Trailer:
       EC521_512 Signer: 0x48584E51 (QNXH-OS-1)
       EC521_256 Signer: 0x4C584E51 (QNXL-OS-1)

Done.

FILEINFOコマンドでAutoloaderファイルの情報が表示され、複数のファイル(Radio,IFS,OS,User File System)の集合(Hybrid)で各ファイルの情報が表示されます。

INFOコマンドでは、USBで接続されたデバイスの情報が表示されます。内部情報が色々表示されるので内容は実際に試してください(^^;)

CREATEコマンドでファイルを追加出来るようですが、SFIやQCFMファイルの作成方法が分かりません(^^;)

C:\>10.1.0.1762_STL100-2and3.exe HELP CREATE
RIM Wireless Device Command-Line Auto-Programmer Version 3.10.0.29 (Win32) [Apr  1 2013 19:59:10]
Copyright 2012 Research In Motion Limited

CREATE Usage
============
    CREATE  

Where:
------
  is a space-separated list of valid SFIs or exactly 1 QCFM file. At least one must be specified.
  is the name for the output file.

Description:
------------
The CREATE command creates an executable which contains the given files.

Examples:
---------
The following command will create an executable which, when run, will load the given SFI onto the device:
    AUTOLOAD CREATE testFile.sfi testExecutable.exe

Legacy OSのLoader.exeではファクトリーリセットなどの機能もありましたが、Autoloader.exeには無いです。

少し前に、Radioファイル無しのCoreOSのみのOSがリークしましたが、INFOコマンドを使って中身が確認出来ると思います。

OSと書き込みソフトウェアが一緒に提供されていので、OSのバージョンによっては使えるコマンドも変わるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。