[BB10] BlackBerry JavaからBlackBerry 10 Cascadesへのポーティング(その5)

その4は、マルチメディアに関する情報でした。

その5は、ユーザーインタフェースに関する情報です。

BlackBerry Java to BlackBerry 10 Cascades Porting Series – Part 5: User Interface (Inside BlackBerry Developer Blog)

BlackBerry 10では、QTフレームワークをベースとしたCascadesがライブラリとして用意されています。

HelloWorld の BlackBerry 10とBlackBerry Javaのコード比較です。

// MAIN: the setup
public static void main(String[] args)
{
HelloApp app = new HelloApp();
app.enterEventDispatcher();

}

// MAIN: the setup
Q_DECL_EXPORT int main
(int argc, char **argv)
{
Application app(argc, argv);
new HelloWorld(&app);
return Application::exec();
}
// HELLO WORLD CLASS

public class HelloApp extends
UiApplication {
public HelloApp () {
HScreen scr = new HScreen();
pushScreen( scr );
}

// HELLO WORLD CLASS

HelloWorld::HelloWorld
(bb::cascades::Application *app)
: QObject(app)
{
QmlDocument *qml =
QmlDocument::create(“asset:///main.qml”)
.parent(this);

// create root object for the UI
AbstractPane *root =
qml->createRootObject();
app->setScene(root);
}

// SCREEN CLASS: THE UI

public class HScreen
extends MainScreen {

private LabelField lbl;
public HScreen()
{
lbl = new LabelField( “Welcome!” );

add( lbl );

}} // QML Page : THE UI

Page {
Container {
layout: DockLayout {}
Label {
text: qsTr(“Hello World”)
}}}

リンク先には、Navigation, Layout, Menus, Active Home Screen Elements, Custom Controls, Dialog Boxes, Prompts, Toasts, Lists, Text, Web Content の情報もあります。

Hello Worldから試してみようかな^^;

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。