[Galaxy S III] SC06DがAndroid 4.1.1を飛び越して4.1.2に(カスタムROMです)

ドコモ版Galaxy S III(SC06D)の最新ファームウェアSC06DOMALI3のベースはAndroid 4.0.4ですが、グローバル版にはJBの4.1.1がリリースされています。

ここ最近、手持ちのGalaxy S III(SC06D)でアプリケーションの強制終了が発生したり、WiFiの接続出来なくなったりと調子が悪くなっていたので、初期化する事にしました。

※ カスタムROMの導入を行うとキャリアやメーカの保証が受けられなくなります、自己責任でお楽しみください。また、カスタムROMに関する質問やサポートに関する質問には答えられないので、自己解決出来る方だけ参考にしてください。

初期前にデータのバックアップのためrootを取ってTitanium Backupを使いました。

root化したままで初期化しrootを取ったままSC06DOMALI3にアップデート出来たのですが、Titanium Backupでシステム系アプリケーションのデータリカバリーや削除を行うと再起動し動作が不安定になりました。

この動作は/systemなどをrwでremountするときに発生するようで、root対策のようです。

純正ROMのまま使う必要性が感じなくなり(^_^;)、カスタムROM導入に挑戦する事にしました。

Galaxy S IIIにもいくつか派生があり、AT&TやT-Mobile向けのカスタムROMであれば、Toolを使ってSC06D用にカスタマイズ出来るようです。

XDA-Developersの以下のフォーラムから選択すると良いと思います。
AT&T Galaxy S III Original Android Development
AT&T Galaxy S III Android Development
T-Mobile Galaxy S III Original Android Development
T-Mobile Galaxy S III Android Development

Android 4.0.4系のカスタムROMであればワンセグやオサイフ機能も使えるようです。ROMによってLTEの対応が異なるので注意が必要です。

私はワンセグやオサイフ機能は使わないので、最新のJB 4.1.2をベースにしたカスタムROMのPARANOID ANDROID v2.22を入れました。

[ROM][CM10:Hybrid] PARANOIDANDROID 2.22 (10/13)

PARANOID ANDROIDを選択したのはアプリケーション毎に使うDPIの設定が変更出来るので、スマートフォンUIやタブレットUIを切替が出来るのがポイントでした。

インストールに必要なファイルは、以下の4つです。

・PARANOID ANDROID  Install Zip: Rom: Download Here (PA-2.17.1-d2att.zip)
・Gapps: Download (gapps-jb-20121012-JZO54K-Formula84.zip)
・[Recovery] CWM-based Galaxy S3 Recovery V6 V6.0.1.2_r7 (SC06D-JB-KBC-CWM-V6.0.1.2_r7-recovery.7z)
・[Tool] 一撃 by ほむら (https://github.com/kbc-developers/release/wiki/SC06D) (make_JP_CompleteROM_SC06D.zip)

[インストール前準備]

・PA-2.22-d2att.zipを一撃ツールでSC06D用に変換

make_JP_CompleteROM_SC06D.zip を展開して出来たフォルダーmake_JP_CompleteROM_SC06DにPA-2.22-d2att.zipを移動し、make_JP_CompleteROM.cmdを起動して、JB(2)を選択して変換します。

diffフォルダーに追加インストールするファイルやフォントが置かれているので必要に応じて変更します。(ワンセグやオサイフアプリも入っています)

作成された、JP_SC06D_JB_Complete.zip をカスタムROMのインストールファイルとして使います。

・SC06DにClockworkMod Recoveryを導入

Odin3のPDAにSC06D-JB-KBC-CWM-V6.0.1.2_r7-recovery.7zを展開して出来たSC06D-JB-KBC-CWM-V6.0.1.2_r7-recovery-odin.tar.md5 を指定しSC06Dをダウンロードモードで起動(電源を切り、ボリューム下+ホーム+電源ボタン)しPCに接続し書き込みます。

書き込みが完了すると再起動(Auto Rebootのチェックを外しておいても良いと思います)するので、SC06Dをリカバリーモードで起動(電源を切り、ボリューム上+ホーム+電源ボタン)します。

・インストールファイルのコピー

インストールに必要なファイル JP_SC06D_JB_Complete.zip、gapps-jb-20121012-JZO54K-Formula84.zip をSC06Dにコピーします。
私は外部SDカードに、ClockworkMod Recoveryの “mounts adn storage” > “mount USB storage” でPCにマウントしコピーしました。

[インストール]

・カスタムROMのインストール

ClockworkMod Recoveryの”install zip from sdcard” > “choose zip from external sdcard” > JP_SC06D_JB_Complete.zip を選択しインストールします。

・グーグルアプリケーションをインストール

続いて “gapps-jb-20121012-JZO54K-Formula84.zip” をインストールします。

・データ初期化

ClockworkMod Recoveryの”wipe data/factory reset”,”wipe cache partition”, “advanced” > “wipe delvik cache” を選択し初期化します。

・再起動

“reboot system now” を選択し再起動します。

起動したら完了です。

バージョン情報です。

CM10ベースでAndroid version 4.1.2になっています。
ワンセグやオサイフ機能は使えませんが、ヌルサクで良い感じです。

Sakuramilkさんの新しいKernelが出ているので試してみようと思います。
すばらしいツールやハックを提供していくれているSakuramilkさん、ほむほむさんに感謝です(^_^)

今後は使えそうなカスタムROMを試してみたいと思います(^_^)v

10 Responses to [Galaxy S III] SC06DがAndroid 4.1.1を飛び越して4.1.2に(カスタムROMです)

  1. ルイ より:

    一撃ツールで変換済み
    ファイルはどこかにないのでしょうか?
    XP SP3 でエラーがでて
    完全変換できないのです
    探したのですが見当たらないので

    • gagdet より:

      ルイさん、こんにちは、

      変換済みのファイルは無いと思います。
      SC06DのCyanogenModのファイルは、kbc-developersさんのところで公開されています。

  2. チョウ より:

    こんにちわ、Android初心者のチョウです。
    root権限を取ってない状態で上の手順通りに試した、CWM(実際は3e)を導入できましたが、
    そいう選択肢がありません、別の手段でファイルをSDコードにコピーして、”install zip from sdcard” > “choose zip from external sdcard” > JP_SC06D_JB_Complete.zip をインストールしましたが、途中でsignature verification failedのエラーになりました。
    私のsc-06dのベースバンドがsc06domlk2です、何かごアイデアありませんか?

    • gagdet より:

      チョウさん、こんにちは、

      リカバリーが3eだとCWMのインストールが出来ていないです。
      Odin書き込み時にAuto Rebootにチェックが入っていてSC06D再起動時に3eリカバリーに書き換えられたと思います。
      Auto Rebootのチェックを外してSC06Dが再起動しないようにやってみてください。

      記事中にも書いていますが、ドコモからリリースされているスマートフォンのカスタムに関する質問には、これ以上は答えられません。

  3. towny より:

    Gagdetさん

    このスレッドとは関係ない話題で申し訳ないのですが、私のs3は寝ている間にうんともすんとも言わなくなり、充電も何もかも反応が無い完全に死んだ状態になってしまいました。
    買った店に持って行って見てもらったら、ワードチップ?なるものが壊れており、交換すれば直ると言われましたが、保証書を日本に置きっぱなしで、保証書が無いと600元(約1万円)だと言うので、修理せずに持ち帰りました。凄いのはその場で修理可能らしく修理時間は1時間とのことでした。中国の携帯ショップの奥の深さを再確認しました。
    しかし、前の晩まで普通に使っていたのに、朝になったら死んでると言うのも何が原因なのか??やはり、日本で買うべきなのでしょうかね。。。

    • gagdet より:

      townyさん、

      HW故障ですか、これだけ数が出ていると不良品もありそうですね。
      ドコモ版Galaxy SIII(SC06D)はドコモ改造^^;が入っているので品質はそこそこ良いのかな?と思ったりします。

      簡単に交換可能なチップだとすると電源関係とかのコンデンサとかダイオードでしょうかね?
      プロセッサも交換出来るとしたら恐るべしですが…

      • towny より:

        不良品どころか偽物かと思いました;^^
        何せひとつのビル全部が携帯ショップと言う場所で分業がなされていますので、修理専門の人もいるのでしょう。家内製リファービッシュ品もありそうですね。今回のはそれだったかな~?!
        すぐに、原因をつかんだところからも、かなり多い故障なのだと思います。

        • gagdet より:

          townyさん、

          なるほど、日本では考えられない感じですね(^_^;)
          直ると良いですね。

          • towny より:

            故障したS3を修理しました。一応、ご参考までに顛末をお知らせします。

            交換したのは、フラッシュメモリーとの事でした。結果的に復活しました。
            聞くと昨年の11月くらいからこの症状(全く何もできない)が多発し始めて、部品の入手が間に合わなくなっているとの事でした。
            私も部品が無いからと断られかけたのですが、帰国しないといけないからと無理やりお願いしてやってもらいました。
            原因についてはサムソンからは公式な見解は出ておらず、不明だそうですが、店が色々と故障した端末の持ち主に状況を確認すると下記をやらない方が良いと言われました。

            ・充電のしっぱなし(夜中充電するのは良くない)
            ・ホームボタンでアプリを終了(バックボタンで戻れとの事)
            ・電源の入れっぱなし(1日に1回は再起動する)
            ・ロムのアップデート(カスタムROMのインストールの事かと)

            どうやら、バックで色々と動いてCPUが過熱した結果、熱で故障すると判断しているようです。
            ビデオを見ながら、メールを確認して、さらに電話がかかってくるとかなり危ないような事を言っていました。
            ただ、私の場合には寝ている時にベッドの横で充電もせずに置いておいたら、朝に動かなくなっていたと言ったら、そう言う人もいるとのことです。中国のネット上でもこのs3問題はかなり取り上げられており、店員さんの言っている事と同じような内容が書き込まれています。

            CPUの過熱が原因と言うのは何となく当たっているように思えます。
            フラッシュメモリーは交換しましたが、抜本的な解決をしているわけでは無いので症状が再発する可能性がある言われました。

            最近では充電し過ぎない事や再起動をすることはやっていますが、ROMの書き換えはやっています;^^
            今度、壊れたら修理はしないと思います。

            • gagdet より:

              townyさん、

              S3の修理出来て良かったですね。

              グローバル版のS3はQuadCoreで、ドコモはDualCoreなので発熱は特に違いがあるかもしれないですね。
              ドコモのGalaxy SIIIαはQuadCoreなので危ない気がします。

              ドコモS3+カスタムROMで結構冷えた状態で使えているので、純正ROMより安定している気もしています(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。