[PB] Print Goを使ってPCからPlayBookにファイルを送ってみた

BlackBerry PlayBook の OS2.1で日本語入力が出来ないショックからまだ立ち直れていません(-_-;)
OS2.1の目玉機能は、メールなどの表示が縦位置で表示出来るようになった事みたいです。

同じようにショックを受けてるかなと、アジア圏ブログを巡回してたら Print Go についての紹介記事があったので実際にやってみました。

Print to Go Updated with PlayBook 2.1 OS (bbin)

Print Go は OS2.0 の時から機能はあったのですがWindows側のドライバーがちゃんと動作しませんでしたが今回は動作しました。

PCのプリンターとしてドライバーを追加する事で、PCからドキュメントをPlayBookに送ることが出来るようになります。
PlayBookにドキュメントを送る際はPDFに変換されて送られます。

Print Go の PC用ドライバーは以下からダウンロード出来ます。
ダウンロード Print To Go drivers for PC

チュートリアルは英語ですが http://demos.blackberry.com/playbook-os20/na/us/gen/?=topicprinttogo を見ると分かり安いと思います。

ダウンロードしたファイルをPCにインストールするとプリンターとして Print Go が追加されます。
アプリケーションから プリント を選択し、印刷先として Print Go を選択します。

初回起動時にBlackBerry IDとPlayBook Print GoのPairring Passwordが要求されます。
PlayBookで Print Go を起動し上からSwipeしアプリケーションメニューを表示したらSettingsを選択するとPairing Passwordが表示されます。

設定が終わるとPlayBookに転送するファイル名が表示されるので問題無ければ “Print” を選択します。

ファイルのPDF変換が行われPlayBookに転送されます。

日本語ファイルも日本語ファイル名も表示出来ます。

ブラウザの画面などもPDFに変換されてPlayBookに送られるので後でちょっと見ようかなと思う物をPlayBookに転送しておくと便利だと思います。

BlackBerry IDを使っているのでファイル転送がRIMを経由するとやだなと思い通信をモニターしたところ、最初だけRIMのサーバと通信し、ファイルの転送は直接 PCとPlayBookで通信していました。

セグメントが違っていても通信出来るので、PCとPlayBookが直接通信出来る環境ならインターネット越しに転送することも出来そうです。

AppleのiCloudはセンターに情報を集めて共有しますが、RIMのPrint GoやPlay Goは直接通信するタイプですね。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。