[BB10] BlackBerry 10 L-Seriesのスペックシート(画像)

最初にリリースされる BlackBerry 10 デバイスは 6種類という情報があります。([BB10] 最初にリリースされるBlackBerry 10 デバイスは6種類?)

この情報では L-Series は 2種類で コードネームは London, Liverpoorl の2種類+α? 1種類か?と出ていました。

今回リークしたスペックシートの情報では、London(R072), Lisbon(R070), Laguna(R069) の三種類が出てきています。

新しい情報によるリリース予定のBlackBerry 10 デバイスは、以下のようになるようです。

L-Series: (High-end market)

  • London (World Phone)
  • Laguna (CDMA+LTE)
  • Lisbon (GSM+LTE)

N-Series: (High-end to Low-end market)

  • Qwerty 1 – High-end (think Bold 99XX)
  • Qwerty 2 – Low-end (speculated, but makes sense to replace Curve series)

R-Series: Details unknown

  • Slider phone (speculation – think Torch series)

Leaked: BlackBerry 10 London Specifications (RapidBerry)

 

LTE無しのグローバルモデルです。2100MHzをサポートしているので、ドコモのFOMAエリアで使えそうです。

Leaked: BlackBerry 10 Lisbon Specifications (RapidBerry)

 

AT&T,Canada 等のLTE に対応したモデルのようです。LTE Class 5 に対応しているので 韓国でも発売されるかも?

Leaked: BlackBerry 10 Laguna Specifications (RapidBerry)

 

Verizone の LTE に対応したモデルのようです。

Lisbon(R070), Laguna(R069) は LTE をサポートするためか、プロセッサが Qualcomm Snapdragon MSM8960 で、London(R072) は TI OMAP4 + ST-E MS730(詳細不明) となっています。

日本で使う場合は 素直に選ぶと London (World Phone) ですが、UMTS/HSPA 2100MHz にどのモデルも対応しているので使えるかもしれません。

BlackBerry 10 からは ActiveSyncベースに変わるので、BIS無しで使えるのならドコモ回線出なくても良いのであれば選択の幅は広がるかな?

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。