[Galaxy SIII] SC06DのbasebandをOMLG1にダウングレードしてみた

ドコモ版Galaxy SIIIのSC-06Dを快適に使っていたのですが、最新ファームのOMLG6にアップデートしてからWiFiや3G/LTE通信の切替時に通信出来なくなる不具合に何度か遭遇しました。

OMLG1に戻すことも考えたのですが、取りあえずbasebandを書き換えてみようかなとやってみました。

※ 不具合が発生しても保証が受けられない可能性があるので、自己責任で行ってください。このブログでもサポートは行えません。

SC-02CやGalaxy S, Galaxy Tab では、baseband は アップデートの tar.md5 ファイルに modem.bin ファイルとして入っているので、このファイルを取り出して Odin3 の PHONE 指定する事で書き換えることが出来ました。

SC-06Dのアップデートファイルの中身を見てみると modem.bin ファイルがありません。

SC06DOMALG6:
boot.img
cache.img.ext4
NON-HLOS.bin
recovery.img
system.img.ext4

NON-HLOS.bin がそれっぽいのですが、Odin3 の PHONE に指定し書き込んでも Fail で失敗しました。

試行錯誤の結果 tar.md5 ファイル化し Odin3で書き込みに成功しました。
ポイントは、boot.img も一緒に tar.md5 化する事です。NON-HLOS.bin だけでは書き込みに失敗します。
boot.img は OMLG6 のファイルを使っています。

作業は、Linux マシンで行いましたが、busybox が入っている Android マシンでも作成は出来ると思います。
(md5sumを行わずにtarファイルの作成だけでも問題無いと思います)

$ cp ../SC06DOMALG1/NON-HLOS.bin .
$ cp ../SC06DOMALG6/boot.img .
$ ls
boot.img NON-HLOS.bin
$ tar -cf SC06DDOMALG1_NON-HLOS.tar boot.img NON-HLOS.bin
$ md5sum SC06DDOMALG1_NON-HLOS.tar >> SC06DDOMALG1_NON-HLOS.tar
$ mv SC06DDOMALG1_NON-HLOS.tar SC06DDOMALG1_NON-HLOS.tar.md5
$ ls
boot.img NON-HLOS.bin SC06DDOMALG1_NON-HLOS.tar.md5

完成した、SC06DDOMALG1_NON-HLOS.tar.md5 を PC にコピーし Odin3 の PDA に指定し、Galaxy SIII/SC-06Dをダウンロードモードで起動し書き込みます。
(Odin3はVer1.83を使っていますが、Ver1.7でも問題ありません)

書き込みが正常に完了しPASSになっています。(PASS表示になるまで少し時間がかかります)

自動的に再起動するので、Version情報を確認してください。

Baseband version が SC06DOMLG1 となっています。

ファームウェアの入手方法は、過去記事の [SC-06D] ドコモ版Galaxy SIII(SC-06D)のファームウェアを入手 を参考にしてください。

ダウングレードした直後なので変化が分かりませんが数日使って様子をみたいと思います。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。