[Galaxy Tab] CM9.1のBaseband(モデム)をアップデート

[Galaxy Tab] CyanogenMod 9.1.0を入れてみた で Galaxy Tab に CM9.1.0 をインストールしました。

Baseband Versionが P1000XXJPZ になっていますが、P1000XXJPZはAndroid 2.3.3ベースで、Android 2.3.5ベースのJQ2があるので入れてみました。

Galaxy Tabのモデムファイルは、xda-developers からダウンロード出来ます。

[MODEMS] Galaxy Tab modem list *Updated Regularly* (XDA-Developers)

モデムファイルは、Odin3 か ClockworkMode Recovery からインストールするのですが、パーティションフォーマットがMTDに変換されているのでインストール方法が異なります。
MTDに変換されている場合は、/radio に modem.bin をコピーすることでアップデート出来ます。

ダウンロードしたモデムファイルのzipを展開し、modem.bin を取り出します。
ファイルの書き込み作業はClockworkMod Recoveryを起動し行いました。

ClockworkMod Recovery を起動したら、”mounts and storage” > “mount /radio”, “mount /sdcard” を選択し、/radio と /sdcard をマウントします。

adb push modem.bin /sdcard  ※ modem.bin ファイル を /sdcard にコピーします
adb shell
# cp /sdcard/modem.bin /radio ※ modem.bin ファイル を /radio にコピーします

ClockworkMode Recovery で “Reboot System” を選択し Galaxy Tab を再起動します。

バージョン情報を確認し、BaseBand Version が 変わっていたら成功です。

フォーラム上では、XXJQ2 でしたが、実際は PT1000XXJQ3 のようです。

MTDフォーマットに変換している場合のmodem.binアップデートががいまいち不明だったのですが、コピーすることで出来ました(^^;)

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。