[Galaxy S/Tab] Galaxy SとGalaxy Tab向けのICSアップデートは出るのか?

SamsungはGalaxy S/Tab向けにICSアップデートは出さないとアナウンスしていましたが、多くのユーザの要望で再検討するとアナウンスがあり期待されていました。

一部機能を落としたのバリューパックでの提供を検討しているようです。

”No Android 4.0 for I9000 and P1000.” (SAMMOBILE)

ソースの韓国語が読めないのでGoogleさんに翻訳して貰いましたので、そのまま載せておきます(^_^;)


三星(サムスン)電子が昨年発売したスマートフォン”ギャラクシーS”を、Googleの最新のOSであるアンドロイド4.0″アイスクリームサンドイッチ”(ICS)にアップグレードする。これは当初のギャラクシーSをICSのアップグレード対象から除外する方針に旋回したことで、消費者の反発を意識した措置だ。

サムスン電子関係者は”ギャラクシーSのアイスクリームサンドイッチバリューパックのアップグレードを検討している”と28日明らかにした。バリューパックとICSの機能の一部を除いて、アップグレードをする方式だ。バリューパックのアップグレードを続行すると、マルチタスクの強化、高速なネットサーフィンの速度、様々なウィジェットの設定、カメラの連写速度の向上、動画撮影時の手ぶれ防止、Androidのビーム、フェイスアンロックなどのICS機能の一部が可能となる。

サムスン電子は、バリューパックのアップグレードが確定されると、ギャラクシーSに最適な機能だけを立ててアップグレードを続行する計画だ。三星(サムスン)電子は、バリューパックのアップグレードを検討しているのは、ギャラクシーSは、ICSのすべての機能を追加するには、使用可能なメモリなどのハードウェアの仕様が落ちるからだ。

サムスン電子は、”ギャラクシーSは、ICSにアップグレードするには利用可能なメモリ容量が不足して満足のいく環境を提供することはできない”と明らかにした。特に、ラム(RAM)がサムスン電子独自のユーザー環境(UI)の”タッチウィズ”とICSの両方を追加するには、不足していることが分かった。

このような理由で、当初、サムスン電子は、ギャラクシーSをICSにアップグレードしないことにした。しかし、世界中で2000万人に達するギャラクシーSのユーザーの反発が大きくなると、立場を変えたものとみられる。ギャラクシーSのユーザーは”同じような仕様のネクサスSの場合、Googleは、ICSのアップグレードを約束したが、三星が差別する”と反発してきた。

三星(サムスン)の立場では、ユーザーの不満が拡大する場合は、かろうじて上がったスマートフォンで世界1位の座さえ脅かされる。ギャラクシーSユーザーの間には、”継続的なオペレーティングシステム(OS)のサポートを受けることができない場合は、iPhoneに乗り換え打者”という動きまで出ている。

アップルは、ギャラクシーS以前の2009年6月に発売した”iPhone3GS”も最新のiOSのバージョンにアップグレードしてくれている。

ただ、サムスン電子は、ギャラクシーSのバリューパックのアップグレードを進めるためには越えなければならない山が多い。まず、Googleはこのバリューパックのアップグレードをスンインハヌニャダ。一部の機能のみ可能なICSのアンドロイドとして認めなければ、Androidマーケット、ジメイルなどのGoogleの機能を利用することはできません。

どのような機能を選択するかにも障害物だ。ギャラクシーSに最適化してみるとICSの主要な機能が抜けていて、アップグレードの効果が制限される。

一部の機能のみをアップグレードする場合、ややもすると、エラーが発生することもできる。 ICSへのアップグレードギャラクシーSの機能障害が表示されたら、ユーザーの不満が大きくなることができる。実際、ギャラクシーSのジンジャーブレッドへのアップグレード後にエラーが多くなったが、ユーザーの不満が現れている。

サムスン電子関係者は”ユーザーの不便を最小化する方法を見つけるために悩んでいる”とし”しかし、確定したことはない”と明らかにした。

サムスン電子は、バリューパックのアップグレードのほか、既存ICS全体をアップグレードする計画も検討中だ。ただし、アップグレード後に機能的な問題が発生した場合、その責任をユーザーになるという同意を前提としたものである。しかし、この場合は、ユーザーにすべての責任をトノムギンダヌン批判を受けることができ、実現の可能性が低い。

一方、三星電子は来年第1四半期から、ギャラクシーS2など、6種類のスマートフォンをICSへのアップグレードを実施すると、最近明らかにした。


結局のところ何も決まっていないようなので来年の正式発表を待つ必要がありそうです。

Google Translateは以外に使えますね(^_^)v

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。