[GALAPAGOS] Android2.3へのアップデートしてみた

[GALAPAGOS] Android2.3へのアップデートが延期 でアップデートが延期になっていたシャープのメディアタブレットですが、アップデートが配信されました。

新システムソフト「Ver.2.00a」適用によるAndroid™2.3へのOS変更 (シャープ)

アップデートは、ワイヤレス経由のオンラインアップデートで行います。

メディアタブレットの最新ファームウェア v1.10c になっていない場合には、最新ファームウェアへのアップでオートを行うと、Android 2.3 へのアップデートが表示されるようになります。

ここでアップデートを開始すると Android 2.3 への変更が行われます。Android 2.3.3 でファームウェアバージョンは、v2.00a になっています。

adb 用のドライバーも用意されています。

http://www.sharp.co.jp/support/mediatablet/soft_dl_menu.html

メディアタブレット向けADB USBドライバ をダウンロードし、zip を展開します。

メディアタブレットで、”アプリケーション” > “開発” > “USBデバック” にチェックをつけ、メディアタブレットを PCに接続します。

ドライバーのインストールが行われますが、一部失敗します。

EB-W51GJ を選択し、ドライバの更新を行います。

ダウンロードしたzipファイルを展開したフォルダーを指定しドライバーをインストールします。

Android Composite ADB Interface がインストールされています。Galaxy Sで使っているPCのためSAMSUNG Android Phone の下に出来ています(^_^;)

これで、Android SDK が使える環境であれば、adb shell や、ddms で接続出来ます。

メディアタブレットの CPU は ARMv7ベースの 最大動作クロック 800Mhz のため、サクサク動作するという感じでは無いです。

動作がおかしい部分があったりと、初期の Android デバイス を触っている感じです。

それでも、画面の大きさの割に重さが軽いので、これまでの GALAPAGOS アプリケーションのみより、格段に活用の幅は広がると思います。

 

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。