[Android] Titanium Backupでアプリケーション操作

Titanium Backupでのバックアップ方法([Android] Titanium Backupで定期バックアップ)について説明しましたが、アプリケーション操作について説明します。

Titanium Backup を起動し、上部タブの “Backup/Restore” を選択するとアプリケーションの一覧が表示されます。

/system/app などにあるシステムアプリケーションも表示されます。
バックアップデータの状態によって、右側のアイコンが変わります。

アプリケーションを選択するとアプリケーション情報表示や、バックアップ・リストア操作のメニューを表示する事が出来ます。

  • Backup バックアップを行います
  • Freeze! アプリケーションを使用不可状態にします
  • Un-Install! アプリケーションをアンインストールします
  • Run app アプリケーションを実行します
  • Wipe data アプリケーションデータを削除します(アプリケーションの初期化)
  • Resotre バックアップされたデータから、アプリケーションおよびデータをリストアします。(アプリケーションデータのみ、アプリケーションのみ、両方 を選択出来ます)
  • Delete バックアップファイルを削除します

通常では、アンインストール出来ないシステムアプリケーションも “Un-Install! “で削除出来ます。(むやみに消すと動作が不安定になります)

メニューが表示されている状態で、アプリケーションの名前(“Run app”ボタンと”Wipe data”の間)をタップするとアプリケーションの情報が表示されます。

BLN Pro の情報です。Package name: neldar.bln.control.pro で、APK path: /data/app/neldar.bln.control.pro-2.apk などが分かります。

バックアップデータの名前をタップするとバックアップデータの情報が表示されます。(Pro版で複数バックアップ保存している場合は選択したバックアップデータの情報が表示されます)

アプリケーションやデータの保存状態が確認出来ます。

アプリケーション選択画面で、長押しすると Special features のメニューが表示されます。

マーケットアプリケーションで該当アプリケーションを表示したり、SD cardへの移動、システムアプリケーションへの変換などが行えます。

個々のアプリケーションに対して色々なバックアップ・リストア操作が可能です。

高機能ですが、よく使うのは、Backup!/Un-Install/Restore です。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。