[Android] Titanium Backupで定期バックアップ

ROMを書換えた後などのリカバリー方法や、バックアップの話を書いたことが無かったので紹介したいと思います。

私は Android デバイスのバックアップには Titanium Backup Pro を使っています。root化が必要ですが、高機能なバックアップツールです。

https://market.android.com/details?id=com.keramidas.TitaniumBackup

Titanium Backup の 無料版とPro版との違いは、Titanium Backup (root) for Android の公式サイトで確認出来ます。

複数のバックアップを保存出来たり、バックアップが高速に出来たりシステムとユーザアプリケーションの入替が出来たりと、その他色々です。

Pro版の導入は、Android Market で Pro版のkeyを購入して導入するか、公式サイトで寄付をすると解除キーが記載されたファイルが送られてきます。

バックアップは、手動で行う Batch と 自動で行う Schedules が使えます。

Batch でのバックアップは、Menuボタン > Batch と選択すると 実行するBatch が選択出来ます。

初めてバックアップする場合は、”Backup all user apps + system data” で良いと思います。Batch の 左にある RUN を押すと Batch が実行されます。

Backup all user apps は ユーザアプリケーションとしてインストールしたアップリケーションとそのデータ をバックアップします。アプリケーションのデータも保存されるので、再設定の手間も省けます。

system data は システムアプリケーションのデータをバックアップします。(システムアプリケーション自体はバックアップしません)

バックアップデータはデフォルトでは、/mnt/sdcard/TitaniumBackup にバックアップされるので、適宜PCなどにコピーしておきます。

Schedules では、Batch を決まった時間に実行するように設定出来ます。

デフォルトでは、2種類登録されていますが有効にはなっていません。

Editをタップすると設定を変更する事が出来ます。

実行するBatchの選択や、実行時間や、曜日を設定し、Save します。

Batchはデフォルトの “Backup all new apps & newer versions” は新しいアプリケーションがあればバックアップするので、そのままで良いと思います。不安ならば、”Backup all user apps + system data” でも良いです。

When finished で、バックアップ完了後に再起動を行うか設定が出来ます。

定期的に再起動したい場合は、Reboot the device を選択するとバックアップ後に再起動します。

設定したスケジュールの Enabled をチェックし有効にすれば定期的にバックアップが行われます。

Galaxy Tab/S/SII はバックアップ先の /mnt/sdcard/ が内蔵SDなので、起動不能となった場合に取り外しが出来ないので、定期的にPCにコピーをとるか、設定で保存先を /mnt/sdcard/external_sd/TitaniumBackup に変更しておいても良いと思います。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。