[Android] ADBツール QtADBを使ってみた

Android デバイス を PC からコントロールするには、ADB を使いますが、CLI ベースのため表示を見返すのが大変です。

ADB のフロントエンドとして、GUI操作出来る QtADB というツールがあるので、使ってみました。

[TOOL]QtADB (AndroidManager for Linux, Windows and MacOS) (XDA-Developers)

http://qtadb.wordpress.com/ (オリジナルサイト)

Linux, Mac, Windows で動作するツールで、今回は Windows で使ってみました。

インストールは不要で、ダウンロードした zip ファイルを展開するだけです。

初回起動時に、adb がインストールされているフォルダーを指定します。
環境によって変わりますが、C:\Program Files\Android\android-sdk\platform-tools / C:\Program Files (x86)\Android\android-sdk\platform-tools (64bitOS) 辺りになるかと思います。

デバイスを接続すると、PCとデバイスのファイル一覧が表示されます。
左側のアイコンをクリックすると各機能を選択出来ます。
携帯電話の情報を表示したところです。

設定には、メニュー切替時のアニメーション動作の設定があります。切替アニメーションに力を入れているようです(^_^;)

日本語表示が変だったり、アプリケーションが全て表示されなかったりしますが概ね動作します。コマンドラインでadbを使うのはちょっとという方は使ってみても良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。