[Galaxy Tab] プロテクトブートローダ対策パッチがリリース

Galaxy Tab の最新ファームウェア JMx 系リリースで、プロテクトされた新ブートローダが入っていることで、証明書付きのカーネルのみ書き込み可能な状態でしたが、対策パッチがリリースされました。

※ 失敗するとGalaxy Tab が完全な文鎮になるので自己責任で実施してください

[24.01.2011] WARNING! Do not flash JM*,KA* … README! [Patch released!] (XDA-Developers)

パッチアプリケーションのインストール方法は、トピックの SGT-Bootloader-Patch-v1.00.apk を Galaxy Tab にインストールします。

PCからインストールする場合は、 adb install SGT-Bootloader-Patch-v1.00.apk としてインストールします。

パッチ当て作業はインストールした、Bootloader Patch を Galaxy Tab で起動します。

ブートローダやカーネルのチェックを行うため少し待ちます。

Bootloaders – SIGNED!
Signed: PBL, SBL, Kernel
と表示されるので、すべてプロテクト状態です。

Patch bootloaders をタップしてブートローダの書き換えを行います(かなりドキドキ(O_O))

リスクを理解して、Continue をタップします。
書き換えが完了すると Reboot のメニューが出るのでリブートします。
無事起動することを祈って画面を見ていると無事に ロゴが表示されました(^_^)v

再度 Bootloader Patch を起動して確認します。

Bootloaders -YOU ARE SAFE!
Signed: Kernel
となりました。Kernel が Signed になっているのは、カスタムKernelを入れていないためで問題ありません。

これで、Galaxy Tab のカスタムが可能になりました。今回の対策対応を行った方々に感謝です。寄付を送りたいと思います。

今後のファームウェアのアップデートの際にブートローダの書き換えを行わないように注意したいと思います。

ブートローダの書き換えは非常に危険なのでかならず自己責任で行ってください。

13 Responses to [Galaxy Tab] プロテクトブートローダ対策パッチがリリース

  1. orz says:

    完全文鎮化(ノ^^)ノ
    電源すら入らねー

    • gagdet says:

      orzさん、

      完全に文鎮化ですか..ブートローダの書換に失敗するとどうにも出来なくなりますね。
      プロテクトブートローダはとんでもない罠ですね。

  2. KOO says:

    gagdet さん、

    様々なご教授ありがとうございます。
    結果として、「MODEM_P1000XXJMA.tar.md5」がNGだったようです。
    Roto JMI v2も適用でき、これからって所に立てた感じです。
    ありがとうございました。

    • gagdet says:

      KOOさん、

      無事に書き込み出来て良かったです。
      SC-01Cなら、最悪文鎮になっても、ドコモショップで修理出来るので安心ですね(^_^;)

  3. KOO says:

    gagdet さん、こんばんわ?

    偽装で何とか行けました!
    と、次の問題で、OdinでROMが書き込めない?のかPlease wait..で止まったままです。
    メッセージ欄には以下のように
    Enter CS for MD5..
    check MD5.. Do not unplug the cable..
    Please wait..
    ケーブルが認識されないって事でしょうか??
    PCには認識されていますし、初期化用のOMJL2はちゃんとFlashされるんですが…

    • gagdet says:

      KOOさん、

      Do not unplug the cabel なので、ケーブル抜くなって事なので、っせつぞくはされていると思います。
      ファームウェアファイルに問題があるかもしれないですね。
      ファイルの再ダウンロードとか行って確認してみてはどうでしょう?

      • KOO says:

        gagdet さん、

        Roto v2でも同様、この際と思いP1000XWJMIでも行いましたが同様でした。
        Please wait..後放置しても変化無く、Odinが応答しなくなります。
        Galaxyでも何の問題も無かったので、ちょっと狐につままれた状態です。
        SC-01Cだと何かあるのでしょうかね?

        ちなみに、初期ROMはブートローダーにプロテクトはかかっていません。
        最近のアップデート後プロテクトだと分かりました。
        今はOdinで初期ROMに戻しているんですが、このような状態なのです。

        • gagdet says:

          KOOさん、

          私のは国際版Galaxy Sなので、SC-01Cの詳細は確認出来ませんがSC-01Cの仕様は国際版とほぼ同じだと聞いてます。
          ブートローダがプロテクトタイプの場合は、ファイルシステムの書き込みは出来るのですが、Kernel の書き込みでFail が 国際版では発生していました。
          私のは国際版Galaxy Sなので、SC-01Cの詳細は確認出来ませんがSC-01Cの仕様は国際版とほぼ同じだと聞いてます。
          ブートローダにドコモ独自プロテクトとかあるのかな?

        • gagdet says:

          KOOさん、

          Odin3 のバージョンは1.7でしょうか?もし1.3を使っているのであれば、1.7を試してみてはどうでしょう?

          http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=821625

  4. KOO says:

    こんばんわ

    ブートローダ対策パッチという事で期待したんですが、国際版でしか使えないようですね
    SC-01Cにて試しましたが、はじかれました…
    SC-01Cでもアップデートされたものはプロテクトされているみたいで、脱出方法は無いのでしょうか?

    • gagdet says:

      KOOさん、こんにちは、

      SC-01Cの新しいファームウェアはプロテクトブートローダが組み込まれているようですね。

      対策アプリケーションは、安全の為モデルのチェックを行っていて、SC-01Cが無いのではじかれていると思います。
      アプリケーションが行っている操作が公開されていないので、手動で行う場合の方法が分からないので対処が出来ないです。

      XDAのForumでSC-01Cを追加してもらうように依頼するしか無いかと思います。

  5. sean815 says:

    gagdetさん、こんにちは、

    私も今朝方、「おぉ上がっとる!」、とパッチのリリースを見つけました。
    Tabから直接ダウンロード使用としたのですができず、Macでダウンロード、これをメールで転送、メールアタッチのアプリをインストールするソフトを使用、という遠回りをして当てました。
    レンガになったのは0と言う言葉を信じ、目をつぶってボタンを押しました(いや、怖かったです)。
    もちろん無事成功。

    さてこうなると次のファームウェアが楽しみですね。

    • gagdet says:

      sean815さん、こんにちは、

      自由を手に入れた感じですね(^_^)
      Samsung が対策を行う可能性もありますが、今後はブートローダに注意してバージョンアップすれば問題無いかと思います。

      さっそくカスタマイズを行っていこうと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。