[Galaxy S] 画面の解像度を変更してみた

Galaxy Tab は、画面が大きいので解像度を変更して画面の有効に使えるようにしていましたが、Galaxy S で実用になるかやってみました。

画面の解像度を変えるには、アプリケーションを使う方法、/system/build.propを編集する方法があります。

LCD Density を変更するためには、build.prop の SGS Tools の .prop Editor の /system/build.prop の ro.sf.lcd_density の値を修正します。

デフォルトは 240 です。画像のデータは 200 に修正済みです。

/system/build.prop は デフォルトの値を変更するので、修正値を間違えた場合の修正が難しいです。

LCD Density というアプリを使うと /system/build.prop を修正せずに 画面解像度を変更することが出来ます。

デフォルト値を修正していないので再起動するとデフォルト値に戻りますが、色々試した後に /system/build.prop を修正すれば良いので比較的安全です。

[App] [Root] LCDDensity (safe) (XDA-Developers)

マーケットからは、LCDDensity for Root の名前で登録されています。

LCDDensity を起動すると、Density の調整画面が表示されます。

/system/build.prop を変更している状態なので、Defaultが 200 になっています。

設定したい値を選択し、 Apply(Restart) を押すと再起動し設定した値で表示されます。

初期状態の240(左)の状態と200(右)のホーム画面です。

フォントサイズが小さく表示されているのが分かりますか?

私は Launcher Pro を使ってホームアイコンの列を5列にしているので、標準の240の方が詰まった感じで表示されます。

参考までに、180 に設定したときのホーム画面です。

Galaxy Tab でも発生した問題ですが、アプリケーションによってサイズが固定されている物は、画面が崩れる場合があります。

画面解像度を大きくするのではなく小さく(数字を大きくする)するこも出来るので、文字が小さくて見にくいと言う場合にも使えるかもしれません。

アイコン5列だちょっとかぶります。

Launcher Pro では、Homescreen Settings -> Auto-fit Items を使うことで、ホームアイコンのサイズ調整を行ってくれるので便利です。

自分に合ったサイズを色々試して見ると良いと思います。

私は、200で使っています。

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。