[Galaxy S] CFLagFix v1.70 for SGSをやってみた

I9000XWJM5 + SamSet 1.9d を入れた Galaxy S に CFLagFix v1.70 を実行してみました。

※ CFLagFix 1.70 にバージョンアップしています。

[UTIL][13.08.2010] CFLagFix 1.70 (ext2+ext3+resize+uninst+jp3 support) (XDA-Developers)

CFLagFix は One Click LagFix と同じくループバックファイルシステムを使う、プチフリFixツールです。

One Click LagFix は Windows のバッチファイルを使っていますが、CFLagFix は Windows の Microsoft .Net 3.5 framework を使っていて、GUIで操作出来るのが特徴です。

ループバックファイルシステム化するデータベースもツールによって異なっていて、CFLagFix が現時点では一番多くのデータベースをループバックファイルシステム化します。

バージョン1.60からは、ext2 の他に ext3 も使えるようになっています。

使い方は簡単です。
フォーラムからダウンロードした、CFLagFix-1.70.zip を展開します。

CFLagFix.exe を実行するとツールが起動します。

ドロップダウンメニューで、ext3/ext2 の選択が出来ます。
特に問題なければ、autoで実施します。

installボタンを押してデバイスへのインストールが終わると、Galaxy Sが再起動しますが、何度か再起動するのでホーム画面が出るまでじっと待ちましょう。

ツールの画面には、30分 と 30回のリブートは問題無いと書かれています。

無事に立ち上がってくると、各データベースがループバックファイルシステムとしてマウントされます。

# df
df
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
tmpfs                   166704         0    166704   0% /dev
df: /mnt/.lfs: Function not implemented
tmpfs                     4096         0      4096   0% /sqlite_stmt_journals
/dev/block/stl9         282432    251744     30688  89% /system
/dev/block/mmcblk0p2   1963952   1715600    248352  87% /data
/dev/block/stl10        130280         4    130276   0% /dbdata
/dev/block/stl11         30792        56     30736   0% /cache
/dev/block/stl3           6064      4105      1959  68% /efs
/dev/block//vold/179:1 6060544    118176   5942368   2% /sdcard
/dev/loop0             1679488     80908   1598580   5% /data/cflf/mount
/dev/loop0             1679488     80908   1598580   5% /data/app
/dev/loop0             1679488     80908   1598580   5% /data/dalvik-cache
/dev/loop0             1679488     80908   1598580   5% /data/data
/dev/loop0             1679488     80908   1598580   5% /data/system
/dev/loop0             1679488     80908   1598580   5% /dbdata/databases

ext3でマウントされています。

/dev/loop0 on /data/cflf/mount type ext3 (rw,noatime,nodiratime,errors=continue,data=ordered)
/dev/loop0 on /data/app type ext3 (rw,noatime,nodiratime,errors=continue,data=ordered)
/dev/loop0 on /data/dalvik-cache type ext3 (rw,noatime,nodiratime,errors=continue,data=ordered)
/dev/loop0 on /data/data type ext3 (rw,noatime,nodiratime,errors=continue,data=ordered)
/dev/loop0 on /data/system type ext3 (rw,noatime,nodiratime,errors=continue,data=ordered)
/dev/loop0 on /dbdata/databases type ext3 (rw,noatime,nodiratime,errors=continue,data=ordered)

ベンチマーク結果です。

SDカードを使ったプチフリFixとほぼ同じ結果の 1573 です。

比較するために、ext2 でもやってみました。あっさり2293出ました。SDカードを使う場合でも ext2 にすると早くなりそうですが、ループバックファイルシステムの方が簡単ですね。

信頼性は ext3 の方が高いので、ext3で使おうかと思います。

3 Responses to [Galaxy S] CFLagFix v1.70 for SGSをやってみた

  1. ピンバック: [Galaxy S] Galaxy S のプチフリ対策(外部SDカード利用) « Gagdet's Blog

  2. もと says:

    昨日は、いろいろとありがとうございました。その後は、安定動作を続けてます。
    あれから使用したツールが、早くも数回のVer.UPですかぁ~
    Froyoなのでext3を試せないのですが、ベンチ結果はext2 > ext3何ですね。

    • gagdet says:

      ツールがどんどんバージョンアップしていくので、紹介のタイミングが難しいです(^_^;)
      ブログ書いてる最中でも上がっているのでキャプった画面がすぐに使えなくなります。
      ext2は簡単な分速度が早いのでしょうね、Froyo の ext3 SDカードプチフリFixを試した時は1500くらい
      だったので、Eclairと同じくらいの結果だと思います。
      Android 2.2のメリットがあまり出てないですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。