[Galaxy S] Windows PCでadbとスクリーンキャプチャを使う

すっかり順番が逆になっていますが、Galaxy S をカスタマイズする為に必要な adb を使えるようにする方法です。
android の SDK を PC に展開するだけで利用可能です。

adb は Android Debug Bridge です。

android の SDK は、Android Developers からダウンロードします。

Download the Android SDK (http://developer.android.com/sdk/index.html)

今回は、Windows PC用をダウンロードします。( android-sdk_r06-windows.zip )

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

解凍ツールによっては2重にフォルダーが出来ますが、android-sdk_r06-windows\android-sdk-windows\tools に adb.exe が展開されます。

adb.exe だけを利用するのであれば、JDKのインストールは不要です。

コマンドプロンプトを起動し adb.exe が入っているフォルダーに移動して実行します。
(今回は、C:\Tmp\android-sdk_r06-windows\android-sdk-windows\tools です。)


次に画面のキャプチャーを取得する方法です。

Galaxy S の画面をキャプチャするには、android SDK の tools フォルダーのddms.bat を使います。
ddms は、Dalvik Debug Monitor Server です。

ddms.bat を起動するには JDK が必要になります。

JDKは、SUN Developer Network (SDN) からダウンロードします。
Java SE Downloads (http://java.sun.com/javase/downloads/index.jsp)

Donwload JDK をクリックします。

Platformを選択(Windows)し Download >> をクリックします。

ログイン画面が表示されますが、必要なければ、 Skip this Step をクリックするとダウンロードが開始されます。

ダウンロードした、jdk-6u21-windows-i586.exe を実行してJDKをインストールしてください。
JDK のインストールが完了したら、android SDK の tools フォルダーにある ddms.bat を実行します。

実行すると、コマンドプロント画面と(batを実行しています)と ddms の画面が起動します。

コマンドプロンプト画面には、ddms.bat のメッセージなどが bat 実行時のメッセージが表示されます。

Galaxy Sが接続されていると、Name に端末のIDと接続可能なプロセスが表示されます。

電話のマークを選択するとevnet logが表示されます。

Galaxy S のスクリーンキャプチャを撮るには、CTRL-S を押すか、メニューの Device -> Screen capture… を選択します。

refresh ボタンを押すと、再度画面の取込みを行います。Save ボタンでPC上に保存することが出来ます。

Galaxy S のlog動作状態を確認することが出来るので、Galaxy S の動作を確認する事にも使えます。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。