[Galaxy S] Galaxy Sのrootを簡単に取る

Galaxy S をカスタマイズするためには、root を取る必要があります。

※ この方法特定のファームウェアで有効なため最新のファームでは使えません。

簡単にrootを取る方法が 8796.jp管理日誌さんのサイトで公開されています。
このupdateを入れると、日本語フォントとモペラのAPN設定も導入されます。

[電話] Galaxy Sでもっと簡単rooted

必要な環境としては Galaxy S が PC から認識出来て、adb.exe が使える事です。
8796.jp管理日誌 さんのサイトから、update_galaxysrooted.zip をダウンロードします。
adb.exe と同じフォルダーに入れるとファイルをコピーする時の指定が簡単に出来ます。

※ システムに変更を加えるため、導入はご自身の判断で行ってください。

今回は、C:\Tmp\android-sdk_r06-windows\android-sdk-windows\tools にadb.exeとupdate_galaxysrooted.zip があるとして説明します。

adb.exe を使って、update_galaxysrooted.zip を Galaxy S の /sdcard にコピーします。
(SDカードをPCにマウントしてコピーしても良いかもしれません(要確認))

C:\>cd C:\Tmp\android-sdk_r06-windows\android-sdk-windows\tools
C:\Tmp\..>adb push update_galaxysrooted.zip /sdcard/update.zip <--ファイルのコピー
3168 KB/s (1304493 bytes in 0.402s)
C:\Tmp\..>adb reboot recovery <-- リカバリーモードで再起動

Galaxy S が再起動し、リカバリーモードで起動してきます。

ボリュームの下を押して、”apply sdcard:update.zip” を選択しホームボタンを押します。

アップデートが開始され、Glalxy S が自動的に再起動します。

rootになってみましょう。

adb shell を起動し、コマンドプロンプトが表示されたら、su – と入力します。

初めてrootになる場合は、Galaxy S の画面に確認の画面が表示されます。

Allow を クリックすると adb shell で、# のプロンプトが表示され root になれます。

Supreuser Request の画面で、”Remember” にチェックをつけておくと、実行したアプリのリクエストを記憶し、次からは確認画面は表示されません。

簡単に rooted化出来る update を作ってくれた、8796.jp管理人 さんに感謝したいと思います(^.^)

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。