[PC] OCZ SSD Vertex のファームウェアv1.6へのアップデート

今回はSSDのファームウェアアップデートで苦労したので記録として残します。

今回アップデートとしたOCZ Vertex の最新ファームウェアはVer1.6になります。
Agility/Vertex/Solid2/Onyx/Turbo and also EX 1.6 FW Update (OCZ Forum)

forumにCD用のISOイメージがあり、ISOイメージダウンロード後にCDに焼きSATAのモードをBIOSでcompatible変更し、CD起動します。

通常であればそのままアップデート出来るのですが、SSDのロットによって若干対応ファームウェアが違っているようです。

私の環境では、“Bad Command or filename 661102.exe” のエラーが出ました。

このエラーが出たときの対処が
641102 and 661102 Vertex/Agility/Solid2 updaters (OCZ Forum)
になります。

ここからの道のりが長かったです。

※ OCZ の SSD のファームウェアのアップデートを行うときは、BIOSのSATAモードを “AHCI” から “IDE互換” または “compatible” モードに設定する必要があります。

ファームウェアアップデータを起動してもターゲットのドライブが表示されない場合はBIOSの設定を確認してください。

通常のアップデータでアップデート出来ない場合のアップデート手順としては、デスクトップのPCまたは、SATAが2チャンネルあるノートPCを使います。

※ この方法でアップデートする場合はSSDのデータが壊れる可能性があるのでバックアップを行ってから作業してください。

1) 写真のSTATコネクターの横の端子をジャンパーピンでショートします:

2) ファームウェアのアップデータをダウンロードします。ISOイメージのアップデータとは別です。

3) PCのセカンドドライブとしてジャンパーピンでショートした状態のSSDをPCに接続します。

4) ダウンロードしたファイルを解凍し、Windows 7 と Vista の場合は、右クリックの”as administrator”を選択して管理者権限で起動します。

※ このときに、前回のアップデートで661102.exe のエラーが出た場合は、661102VTXR.exeを実行します。641102.exeのエラーの場合は、641102VTX.exeを実行します。 (はまったポイント)

5) exeファイル実行時にDOSのウィンドウが開きます。アップデート対象のドライブとして”YATAPDONG BAREFOOT”を選択してください。

6) アップデートが完了したら、PCの電源を落として、SSDのジャンパーピンを外してからPCを起動してください。

7) SSDの中身が壊れるらしいので、OSの再インストールから行ってください。

これで、無事にアップデート出来たかと思います。

ハードウェアのロットによってファームウェアが替わると苦労しますね。私は、アップデータファイルを間違って選択してエラーが出ていたのでしばらく悩みました。

SSDはファームウェアによって性能や信頼性に差が出るので、新しいファームウェアにはアップデートしておきたいです。
みなさんも無事にアップデート出来ることを祈ります。

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。