[Sheeva] KURO-SHEEVAがやって来た

バッファローで発売されている 玄柴 (KURO-SHEEVA) を以前から手に入れたかったのですが、在庫が少なく購入出来ませんでした。

今回、メールマガジン登録ユーザ限定で抽選販売が行われ、何とか購入することが出来ました。

KURO-SHEEVA は 海外で発売されている SheevaPlug をベースにした Plug Computer です。

UK の会社である、NewIT では、色々な種類の SheevaPlug が発売されていて、海外への発送も行っているのですが、国内メーカということもありバッファローで購入しました。

大きさは、思っていたより大きいかなと思いました。インタフェースは、eSATA/USB/SD slot/JTAG/miniUSB/Gigagit Ethernet が付いているので十分なスペックです。

電源ケーブル無しで直接コンセント接続に出来るプラグが添付されていますが、このプラグはUS向けということで、添付されている電源コードを使うように指示されてました。

JTAG/miniUSBをシリアルコンソールとして利用するには、ホストPC側にドライバを入れる必要があります。

今回はホストPCとしてWindows PCを使いました。添付のCDに入ってるSheevaPlug_Host_SWsupportPackageWindowsHost1.2.zip を展開したWindowsTeraTermUSBDriver.zip に入っている CDM 2.04.16_SHEEVAフォルダーを指定してUSBシリアルデバイスを設定します。

ドライバは、FDTI(Future Technology Devices International Ltd.)が作成している Virtual COM port (VCP) drivers です。

CDM 2.04.16はWindows 7がターゲットに入っていないようなので、最新版をダウンロードしてインストールすることにしました。

最新版は、2.06.02 です。私のPCのOSは、Windows 7 x64なので、こちらの最新版を入れました。

私の環境では、COM4が仮想シリアルに割り当てられたので、PuTTYを使って接続したところコンソールが表示されました。

これから、色々触っていきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。