[BB] BlackBerry Bold 9700にHybrid OS導入

BlackBerry Bold 9700用の 5.0.0.680 ベースのHybrid OSが出たので導入してみました。

BlackBerry用の Hybrid OS とは、ターゲットとは異なるデバイスソフトウェアのアプリケーションファイル(cod ファイル)を組合せて作ったデバイスソフトウェアです。

Hybrid OS は http://www.bbhybrids.net/ で公開されています。

今回導入したのは、irtehun’s 9700 Hybrid v10.0 (5.0.0.680 based)(http://www.bbhybrids.net/downloads.php?do=file&id=1522)です。

Hybrid OSの導入方法は、ベースとなるデバイスソフトウェアをインストールした後、Hybrid OSのインストールを行った後、OSのUpdateと同じ手順で導入します。

※ 実施前には必ずバックアップを行ってください (こちらを参照) ※

手順を画面の流れで説明します。

※ Hybrid OS の導入は通常のバージョンアップを行った経験が必要です、導入は個人の判断で行ってください ※

ベースデバイスソフトウェアのインストール

まず、ベースのデバイスソフトウェアを準備します。今回は、Hutchisonの 9700jEastAsia_PBr5.0.0_rel1149_PL5.1.0.160_A5.0.0.680_Hutchison.exe ( BlackBerry Download Site )を使います。

ダウンロードしたら、デバイスソフトウェアをインストールします。インストール後、C:\Program Files\Common Files\Research In Motion\AppLoader の Venderl.xml を削除してください。

Hybrid OSのインストール

次に、Hybrid OS ( 9700Hybridv10.0.exe ) を ダウンロードし、インストールします。

※ 今回インストールに使ったPCは64bit OSのためフォルダーのリンクが C:\Program Files (x86)\ となっています。32bit OS では、C:\Program Files\に読み替えてください。

インストーラーを起動する次の画面が表示されます。

“Next>” を押すと免責事項が表示されますので、”I agress”を選択し “Next>” を押します。

次に、上書きするベースデバイスソフトウェアがインストールされている場所を指定します。
標準では、9700M_xxx が指定されているので、今回は “…”を押して場所を指定します。

最初にインストールしたベースデバイスソフトウェアをインストールした場所を指定します。
C:\Program Files\Common Files\Research In Motion\Shared\Loader Files\9700EastAsia_v5.0.0.680_P5.1.0.160 (32bit OS)
C:\Program Files (x86)\Common Files\Research In Motion\Shared\Loader Files\9700EastAsia_v5.0.0.680_P5.1.0.160 (64bit OS)

指定したら”OK”を押します。

9700EastAsia_v5.0.0.680_P5.1.0.160 に変更されているのを確認し”Next>”を押します。

再確認の画面が出ますので、問題無ければ “Start”を押します。

インストールが開始されます。

インストールが完了すると以下の画面が表示されます。”Exit” を押して終了します。

また、インストールが完了すると、”Shrink-A-OS”というアプリが起動します。このアプリは、デバイスソフトウェアの不要なファイルを削除することが出来ます。(そのまま終了しても問題ありません。)

OSのShrink

Shrink-A-OS を利用する場合は、左上の”Browse”ボタンを押しデバイスソフトウェアがインストールされているフォルダーを指定します。

フォルダーを指定した後に、不要な言語やアプリケーションをチェックして”Shrink My OS!”を押します。

※ 言語を削除する際に、”Chinese”,”Korena”,”Japanese”は絶対にチェックしないでください、日本語言語の入力に必要なCJK.alxが削除対象となります  ※

“Shrink My OS!”を実行すると、どのくらい削除できたかが表示されます。

削除されたファイルですが、実際には削除はされず、デバイスソフトウェアの Javaフォルダーに”RemovedFiles”というフォルダーが作られそこに、移動されています。

フォルダーから移動することで戻すことが出来ますが、.codと.alx が混在しているので、ちょっとわかりにくいです。最初のうちは、OSをShrinkせずにそのまま利用しても良いかもしれません。

BB Messengerの削除が出来ますので、不要な場合はその部分だけ選択しても良いでしょう。

BlackBerry Bold 9700のバージョンアップ

これで、Hybrid OSの準備が出来ましたので、BlackBerryを接続しバージョンアップを行ってください。バージョンアップの手順は通常のアップデートと同じです。

バージョンアップ後に、”オプション” -> “アプリケーション” 、メニューボタンを押して”モジュール”を表示させると色々なバージョンのモジュールが混在しているのが確認出来るかと思います。


Hybridを適用したデバイスソフトウェアのアンインストール時の注意点

デバイスソフトウェアのアンインストールはコントロールパネルの”アプリケーションの追加と削除”でデバイスソフトウェアを選択してアンインストールしますが、Hybrid適用時に追加されたファイルは削除されません。

デバイスソフトウェアのアンインストール後に、
C:\Program Files\Common Files\Research In Motion\Shared\Loader Files\9700EastAsia_v5.0.0.680_P5.1.0.160 (32bit OS)
C:\Program Files (x86)\Common Files\Research In Motion\Shared\Loader Files\9700EastAsia_v5.0.0.680_P5.1.0.160 (64bit OS)

の “Loader Files” 配下の “9700EastAsia_v5.0.0.680_P5.1.0.160” が残っていると思いますので、このフォルダーを削除してください。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。