[Gadget] Boogie Boardはなぜ文字が書けるのか

前の記事で、Boogie Boardを使っていると書きましたが、なぜBoogie Boardで文字を書いたり消したり出来るのか気になって調べてみました。

前の記事でも書きましたが、ポイントはE-Inkの技術を使っているところです。

仕組みについては、Boogie Boardを作成している、iMPROV Electronics に 画面を提供している Kent Displays の White Paper に答えがありそうです。

White Paperの中に、A Flexible Touch-Sensitive Writing Tablet といった文章があり、このWhite PaperにBoogie Boardのプロトタイプ的な製品の画像もあります。

Boogie Boardに使われる、LCDはChLCD (Bistable cholesteric liquid crystal displays) と言われる物で、液晶内部で、細かい液晶が移動できるようになっている物の用です。

この仕組みを使い、圧力を加えた部分に液晶の粒子が付着することでコントラストが変わり文字を書いたようになる用です。

なかなか、検索しても情報が出てこないのですが、なんとなくイメージは分かったような気がします。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。