[XOOM] Android 4.1.2(JZO54K)にアップデート+root取得

Google NexusシリーズにAndroid 4.1.2(JZO54K)の配信が行われ、XOOMにも4.1.2のOTAアップデート配信が開始されました。

手持ちのXOOMはroot化したりrecoveryをClockworkMod Recoveryに変更しているので、OTAアップデート出来ません。

そこで、OTAアップデートファイルを入手しマニュアルアップデートに挑戦してみました。

XOOM WiFi Receiving Android 4.1.2 – OTA Update File Made Available for Stock and Rooted Users (DROID LIFE)

Recoveryモードでのアップデート手順は以下のサイトの手順で行います。

Download: Motorola XOOM 4G Android 4.0.4 IMM76L Update (DROID LIFE)

しかし、パッチ対象APKファイルを削除していたのでアップデート失敗しました。

いつものように初期ファームウェアに戻してアップデートしました。

初期ファームウェアのインストール方法は、[XOOM] Motorola XOOM(Wi-Fi) au版が来た の手順で行っています。

初期ファームウェアに戻してからOTAアップデートを繰り返してJZO54Kにします。

無事にアップデート出来たらroot化します。

http://androidsu.com/superuser/ から 最新のアプリケーションをダウンロードします。

Superuser-3.1.3-arm-signed.zip をsdcardにコピーしClockworkMod Recoveryからファイルをインストールします。

※ コマンドプロンプトで adb コマンドが使えるようになっている状態として説明します。

{} Developer options を 有効にします(右上でONにします)、DEBUGGING > USB debugging を有効にします。

  1. XOOM を fastboot で起動します。
    adb reboot bootloader
  2. ClockworkMod Recovery を書き込みます。
    fastboot flash recovery recovery-Tiamat-R4c-100611-1150-cwm.img
  3. ClockworkMod Recovery を起動します。
    ※ XOOMを再起動させAndroidを起動させるとClockworkMod Recovery が上書きされるので最初からやり直してください

    • ボリューム上+電源ボタンを押してXOOMを再起動し、モトローラのマークが出たら電源ボタンを押し、ボリューム下を押します。
    • “–> Android Recovery” と表示されたら、ボリューム上を押し実行します。
    • ClockworkMod Recovery のメニューが表示されない場合は、最初からやり直してください。
  4. Superuser アプリケーション を 書き込みます。
    (メニューの移動がボリューム上下で行い、電源ボタンで実行します )
    “install zip from sdcard -> “choose zip from sdcard” -> “Superuser-3.1.3-arm-signed.zip” -> “Yes – Install Superuser-3.1.3-arm-signed.zip”
  5. XOOM を 再起動します。
    “+++++Go Back+++++” -> “reboot system now”

インストールが完了したらSuperuserが使えると思います。

Google Playからbusybox installerをダウンロードしてbusyboxもインストールしておくと良いと思います。

コメントは停止中です。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在628人フォロワーがいます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。